S&W M19


382
S&W M19は、アメリカの銃器メーカーであるスミス&ウェッソン社が1955年に開発した回転式拳銃である。通称「コンバットマグナム」。
バリエーションとして、ステンレスモデルの「S&W M66」も存在する。

当時のコンバットシューティング第一人者であったビル・ジョーダンの意見を取り入れて設計され、調整可能なリアサイトを持ち、角を落としていない末広がりの長方形のスクウェアバット型グリップ、ターゲットタイプのグリップなどを備え、Kフレームサイズで「.357マグナム弾も撃てる」拳銃として完成された。
385
S&W M19 wikipedia
目次
1.Smith & Wesson
2.357マグナム弾
3.特徴
4.次元大介
5.画像
6.動画
7.関連
8.関連商品



Smith & Wesson

804
http://www.smith-wesson.com

スミス&ウェッソン(英:Smith & Wesson、NASDAQ: SWHC)、通称S&Wは1852年にホーレス・スミス(1808年 - 1893年)とダニエル・ウェッソン(1825年5月18日 - 1906年8月4日)が設立した、アメリカ合衆国最大規模の銃器メーカー。マサチューセッツ州スプリングフィールドに本社をもつ。
創業当初は回転式拳銃を中心に生産や販売を行い、1950年代に入ってからは自動拳銃の販売も本格的に始めた。現在はナイフや手錠も生産している。
スミス&ウェッソン wikipedia 

357マグナム弾

338

.357 S&W マグナム(英語: .357 S&W Magnum)(9x33mmR)あるいは、単に.357マグナムは、リボルバーカートリッジとして、エルマー・キース(英語版)、フィリップ・B・シャープ(Phillip B. Sharpe)、銃器メーカーであるスミス&ウェッソンのダニエル・B・ウェッソン(英語版)、そしてウィンチェスター・リピーティングアームズによって作られた。スミス&ウェッソンの.38スペシャル弾がもとになっている。.357マグナム弾薬は1934年に発表され、次第に広く使われるようになった。この弾薬によって、拳銃弾のマグナム弾の時代が始まった。.357マグナム弾薬は、優れたストッピングパワーを持つことで知られている。
.357マグナム弾 wikipedia 

特徴

当初は4インチバレルのモデルのみで、「コンバットマグナム」の名で販売されていたが、1957年に「19」のナンバーへと製品名が改められた。1963年に2.5インチのスナブノーズと6インチのロングバレルがラインナップされ、1970年にはステンレスモデルのM66が登場している。M66は、少数生産ながら、3インチバレルのモデルも製造された。
 幅広い層を対象としていたが、その出自や携行しやすいサイズとマグナム弾の威力もあって、特に警察機関で好まれ、4インチモデルはアメリカンポリスのシンボルともなった。一方、M19のKフレームはマグナムリボルバー用として強化されてはいたものの、元は.38スペシャル弾を想定したフレームだけに、射撃を重ねるうちにガタが出やすくなる問題があった。
 M19は1999年に、M66は2005年に生産中止となっていたが、M66は新仕様で2014年に再生産されている。
S&W M19 “コンバットマグナム” / S&W Model 19 "Combat Magnum" 【回転式拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 

M19の人気は根強く、一時は廃盤になっていたが、2014年から、そのステンレスモデルのM66が、小改良をくわえられ、再びラインナップへ加わっている。この事実からも、M19の人気、実力のほどがうかがえる。

同社の357マグナムの最高峰と言われるのは、M586系統だ。しかし、やはりM19シリーズの一回り小さい感も捨てがたく、実際に持ち運ぶのだったら、M19シリーズだろう。
次元大介の愛銃S&W M19 – 実用一点張りの格好良さ Stories Gadget 


次元大介

386
出典:http://matome.naver.jp/odai/2137744278297350601/2141319516354618203
次元 大介(じげん だいすけ)は、モンキー・パンチの漫画作品およびそれを原作とするアニメ『ルパン三世』シリーズに登場する架空の人物。

ルパン三世の相棒で拳銃の名手。拳銃を持っていない状態から弾丸を発射するまでのスピードが驚異的に速く、その速さは「速撃ち0.3秒」とまで言われるほどである(作中では0.7秒と言われているところがある)。顎髭を生やし、主に紺系のダークスーツとソフト帽を常に着用している。

愛用リボルバー銃は S&W M19 コンバット・マグナム。様々な銃器を扱うがこの銃が最も使用頻度が高い。
次元大介 wikipedia 

画像

383

S&W M66
384


動画

 Smith & Wesson Model 19 Combat Magnum Review
  

 .357 Magnum S & W Model 19
  

 Smith & Wesson Model 66 Combat Magnum
  


関連