AA-12


263
アメリカのMPS(Military Police Systems,Inc.)社が2005年より開発している、フルオートが可能な散弾銃

 基となったのはアメリカのガンデザイナー、マックスウェル・アッチソンが1972年に開発した「アッチソン・アサルト-12」。このセミ/フル切り替えが可能なセレクティブファイア・ショットガンはその後のUSAS-12の設計にも影響を与えていたが、この特許は1987年にアッチソンからMPS社に売却された。

 MPS社によって改良されたアッチソン・アサルト-12は「オート・アサルト-12」という名称が付けられ、188箇所の変更が加えられてオリジナル版から約20年を経て甦った。
 AA-12の特徴は非常に高い連射速度とメンテナンスの容易さ、そして低反動にある。オリジナルのAA-12から引き継いだ、長大なリコイルスプリングを用いる独自の「コンスタント・リコイル」という技術により、片手でも射撃が可能なほどの低反動を実現している。発火はオープンボルト式で、使用する弾倉は従来の散弾銃のようなチューブラーマガジンではなく、キャパシティとリロードに優れる、脱着式の箱型弾倉とドラムマガジンが用意された。
MPS AA-12 【散弾銃】 MEDIAGUN DATABASE
目次
1.12ゲージ
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




12ゲージ

268

12番(12ゲージ・12GA)
口径が1/12ポンドの鉛球に相当する直径18.1ミリの実包を使用するもの。世界的に最も多く用いられている口径。日本国内では一般に許可される実質的に最大口径である(銃刀法上の最大口径は8番)また、クレー射撃公式競技は基本的に12番が使用される。
散弾銃 wikipedia 

特徴


267

AA-12は、前身であるアッチソン・アサルト12の基本設計を受け継ぎつつ、各所を近代化する形で完成された。
 ちなみに、改修ポイントはセミオートポジションの削除など、188箇所にも及ぶ。ただ、徹底的に改修された結果なのか、 外見はのっぺりしていて味気ないことこの上ない
 標準的なマガジンは8連のボックス・タイプだが、フルオートオンリーゆえに弾切れになってしまうのを防ぐため、専用の20連もしくは32連のドラムマガジンが供給されている。
それでも、連射速度は毎分350発であるため、焼け石に水ではあるが。
いい加減セミオート機構を復活させろよ・・・
(極端に早い連射速度ではないため、一応指きりでセミオート射撃は可能ではあるが...)

 また、作動の信頼性には定評があり、デモンストレーションでは逆さになった状態で快調な作動を披露してみせた
 また、意外に思われるかも知れないが、本銃は射撃時の反動が小さく、フルオートでも制御しやすい。 これは長大なリコイル・スプリングを採用したためで、MPSはこれを「コンスタント・リコイル方式」と呼んでいる。
AA-12 ピクシブ百科事典 

AA-12に合わせて、FRAG-12という特殊弾薬も開発された。FRAG-12は高性能爆薬を内蔵し安定翼をつけた一発玉、いわば18mm口径の擲弾というべきものである。
有効射程は散弾銃としては破格の180mに達し、弾種も高性能爆薬(HE)から徹甲弾(AP-HE)まで多種に及ぶが、こちらも採用されたという情報はない。
AA-12 ニコニコ大百科 


画像

264
265
266

FRAG-12

269


動画

 AA-12. World's deadliest shotgun!
  

 Automatic shotgun-Auto Assault-12 Shotgun/FRAG-12 High-Explo
  


関連

東京マルイ【電動ショットガン】AA-12(PV)