レミントンR51


180
昨年発売されたレミントンのサブコンパクトピストル。
1917年に作られたM51を2014年になってリニューアルしたことや、その他諸々で話題の代物です。
ショートリコイルでなくディレードブローバック式で、バレルが固定されているため高い命中精度が得られます。
実際、命中精度は悪くは無いようです。

が、それ以外で問題が…

(中略)

というような事例があるようです。
さすがにマズったと思ったのか、レミントンは一旦製造中止してバージョン2を作っているようです。
レミントン R51 pixiv 
目次
1.レミントン・アームズ
2.ディレードブローバック
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連




レミントン・アームズ

237
http://www.remington.com/ 


レミントン・アームズ(英:Remington Arms)はアメリカ合衆国の銃器メーカー。小銃、ショットガン、それらの弾薬を製造する。かつては拳銃でも有名だったが、現在のラインナップでは1911と新製品のR51程度に留まっている。

1816年、創設者であるエリファレット・レミントンが自分用のライフルを作り、それを見た射撃仲間が彼に同様のライフルを作るように依頼したことが始まりとされている。創業時の社名はE・レミントン・アンド・サンズ (E. Remington and Sons.)。レミントンはアメリカ合衆国最古の民間銃器メーカーである。
1896年、スポーツ用品メーカーのマーカス・ハートレー・アンド・パートナーズ (Marcus Hartley and Partners) に買収された。1912年、マーカスの子会社でアメリカ最大手弾薬メーカーのユニオン・メタリック・カートリッジ (Union Metallic Cartridge Company = UMC) と合併し、銃器・弾薬メーカーのレミントンUMC (Remington UMC) となった。
その後も何度も買収され、2007年にサーベラス・キャピタル・マネジメントに買収され現在に至る。 ウィンチェスター社などと並び、アメリカにおける狩猟用ライフルやショットガンの大手であり、現在は狩猟用散弾銃の部門において最も売り上げを伸ばす企業となっている。また、弾薬の開発や生産も行っており、有名な.44マグナム弾はレミントン社がスミス&ウェッソン社と共同開発したものである。 以前は日本で電気シェーバーを発売していたこともある。
レミントン・アームズ wikipedia 

ディレードブローバック
ディレードブローバックは、遊底の後退を何らかの方法で遅延させる(delayed)機構を持ったブローバック方式である。この遅延機構により、高威力の銃弾に対応できるようになるが、シンプルブローバック方式よりも構造が複雑になるため製造コストや故障率の上昇を招き易くなるといったデメリットも存在する。 遅延機構には主に下記のものが存在する。
ティルティングボルト式
ライジングサブマシンガン(M50、55、60)に採用された方式で、レシーバー内の溝に嵌る遊底が作動する際の運動摩擦力により遊底の後退速度を低下させている。同様の動作を行う遊底はガス圧利用方式でも使用されるが、ディレードブローバックの場合には機械的に完全な閉鎖状態にはならないことが相違点であり、ガス圧利用方式とは作動原理が異なる。
ローラー遅延式
ローラー遅延式は、薬莢が後退する際のエネルギーを、遊底に取り付けられたローラーにより分散し遊底の後退速度を低下させる方式である。ローラーロッキングとも呼ばれるが、MG42等のショートリコイル作動方式に使用されるローラーロッキングとは異なり機械的に完全な閉鎖状態にはならず、ショートリコイル作動方式とは作動原理が異なる。
ブローバック wikipedia 

特徴

178
R51。レミントンの新作ハンドガンで、弾薬は9mm+P、3.4インチバレル、全長168mm、重量624g、装弾数7+1発。
177
古き良きSF映画に登場する光線銃みたいなデザイン。アルミ製フレームでグリップセフティを備える。マガジンキャッチはアンビタイプ。
184
Crimson Trace社製(CTC)のトリガーガードレーザーサイト付のモデル。ますます光線銃のような雰囲気。
ショットショー2014 in ラスベガス パート8 ハイパー道楽 


ディレイドブローバックの場合は

①バレルが固定できるため命中精度が確保しやすい
②(自動拳銃の場合)リコイルスプリングのレイアウトが柔軟なので、コンパクトに設計できる
 →R51のようにリコイルスプリングを銃身周囲に設定すれば、ボアラインも下げられる!
  命中精度がもっとあがる!うひょおおお!!!
③(R51の場合)ブリーチブロックを独立させた恩恵として、リコイルスプリングのレートを軽くできる

いやーいいことずくめですね!
と言いたいところなのですが、ことR51では短所として

①機械強度に不安がある
(私個人の印象です。工業製品としての経験値が問題かなと思います)
②構造が複雑

だと感じています。
②に関してはショットショーのブースでもディプレイモデルが組み立て不良で
説明員が再度組み上げなおしていた、などと指摘する記事もあり、ちゃーんと説明書読まなきゃ
ダメよーん!な感じが、アップル製品に見られるマニュアル排除志向なアメリカ人たちに
果たしてどこまで評価してもらえるのか、という不安を感じます。

それでも、猫も杓子もショートリコイルなハンドガン市場において
レミントンというアメリカを代表する老舗ガンメーカーがこういう形で勝負に出た事は、
実に魅力的ですよね。
Remington R51とヘジテーション・ブローバック 小銃少女 

画像

183
182
185


動画

 SHOT Show 2014 - NEW Remington R51 FateofDestinee
  

 Shooting the Remington R51
  

 Remington R51, Epic Fail: Gunnies Range Day
  


関連