ウィンチェスターM1300


144
ウィンチェスターM1300(Winchester Model 1300)は、ウィンチェスター・リピーティングアームズの元従業員が設立したU.S. リピーティングアームズが、M1200を発展させ、1978年に開発したポンプアクション式散弾銃である。
レミントン社のM870や、モスバーグ社のM500と同じく有名な存在で、アメリカではハンティングや、警察、軍まで幅広く使用されている。

ウィンチェスターM1300にはバリエーションが多く、さまざまな口径や銃身長のものが作られた。ウィンチェスター社のホームページには、33種類のバリエーション・モデルが列挙されている。
145
ウィンチェスターM1300 wikipedia
目次
1.ウィンチェスター・リピーティングアームズ
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連




ウィンチェスター・リピーティングアームズ

522
http://www.winchesterguns.com/

ウィンチェスター・リピーティングアームズ(英:Winchester Repeating Arms)はアメリカ合衆国の銃器メーカー。

1850年代(遅くとも後半)に創設者のオリバー・ウィンチェスターが、経営不振に陥ったボルカニック・リピーティングアームズ社から工場とレバーアクションライフルの製造権を取得して、コネチカット州ニューヘイブンにニューヘイブンアームズ社を設立したのが始まりとされる。「ウィンチェスター」の社名で正式に呼ばれるようになったのは1866年からである。
西部開拓時代から人気が高く、アメリカの狩猟用ライフルやショットガンの名門としてレミントン社などの企業と肩を並べている。中でもM1873レバーアクションライフルコルトSAAと共に「西部を征服した銃」として有名で、今なお西部劇ファンから親しまれている名銃である。
なお、レバーアクションライフルを発明したのは創始者であるオリバー・ウィンチェスターや、著名な銃器家ジョン・ブローニングだと誤解されることが多いが、実際に連発式のレバーアクション機構を発明したのはボルカニック社のホーレス・スミスとダニエル・ウェッソンであり、彼らが開発したボルカニック連発銃がルーツである。余談であるが、ボルカニック銃を開発したスミスとウェッソンは、後にアメリカ最大の銃器会社S&W社を設立している。
ウィンチェスター・リピーティングアームズ wikipedia 

特徴

ウィンチェスター社がM12を発展させて1978年に開発したポンプアクション式散弾銃で、同社のベストセラーショットガン。M1200とM1300という二つのモデルがある。
 ロングバレルで主に市販されているが、「M1300ディフェンダー」という警備、護身用の短銃身モデルもあり、日本にも狩猟などの用途で輸入されてきている。
 特に何の変哲もないショットガンであるが、あえて特徴を言えばその安さ。モスバーグ M500のゴーストリングモデルが500ドルちょいなのに比べてM1300ディフェンダーはなんと350ドルそこそこ。まあ、どうでもいい話なのだが……。

 また、FN社がM1300を基にAR15A2タイプのフロント/リアサイト、グリップ、ストックに換装しレシーバー上面をピカティニーレールとしたアップグレードモデルのTPS(Tactical Police)を生産している。
ウィンチェスター M1300 / Winchester Model 1300 【散弾銃】 MEDIAGUN DATABASE


画像

142
143
146


動画

 Winchester 1300 12 guage pump action shotgun
  

 Winchester Model 1300 Featherweight 12 Gauge Shotgun Justin
  


関連