M21狙撃銃


117
M21狙撃銃(M21 Sniper Weapon SystemまたはRifle, 7.62 mm, Sniper, M21)は、M14自動小銃の派生型として設計された半自動式の狙撃銃である。

ベトナム戦争中、新型狙撃銃の調達を計画していたアメリカ陸軍は、当時の主力歩兵銃M14の精度や信頼性、速射性能などの面を評価し、これに狙撃銃としての改良を加える事を決定した。1969年、ロックアイランド兵器廠は1,435丁のナショナルマッチ・モデル(競技用モデル)のM14に対する改修作業を行った。 XM21の仮制式名で呼ばれたこのモデルは、レザーウッド製の3-9x倍率調整式スコープを搭載するほか、標準のM14とは異なるクルミ材の銃床を備え、また、これを使用する狙撃兵には競技用弾薬が支給された。1969年後半、初めて実戦に投入された。1975年、グラスファイバー製の銃床を採用した改良型がM21として正式に採用される。M21は、1988年まで米陸軍の主力狙撃銃として使用され、以後はM24狙撃銃に更新されていった。ただし、いくつかのM21がイラク戦争の折に再配備された事も知られている。

通常、M21はM14小銃と同様の20発着脱式箱型弾倉を使用し、重量はスコープを除けば5.27kg程度であった。また、米軍による正式な調達は行われていないが、5発弾倉と10発弾倉も存在する。
120
M21狙撃銃 wikipedia
目次
1.スプリングフィールド・アーモリー
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連




スプリングフィールド・アーモリー

889
http://www.springfield-armory.com/


スプリングフィールド・アーモリー(英:Springfield Armory)は1974年に設立された銃火器メーカー。1968年に閉鎖したスプリングフィールド国営造兵廠のブランドを受け継ぎ、同様の製品ラインナップを民間向けにも供給している。ただし会社はあくまでブランド名を買い取ったのみで設備や人員は前身であるイリノイ州のメーカそのままであり、社名以外に直接の関連はない。

ロバート・リーズが1968年に閉鎖された「スプリングフィールド・アーモリー」というブランド名を買収し、新たに設立した民間企業である。1980年にはロバート・リーズの息子であるデニス・リーズとトム・リーズに経営が受け継がれた。
民間会社として設立した当初はM14の民間モデルであるM1Aを中心に生産を行っている。M1911A1の良質なコピーを製造することで知られており、自社製カスタムのみならずガン・スミスによるガバメント・カスタムのベースとして使用されている。
さらに現在では、クロアチアから製造権を購入したHS2000というポリマーフレームハンドガンをXDとしてブランド販売(後に自社生産)しており、順調に売上を伸ばしている。
スプリングフィールド・アーモリー wikipedia 

特徴

M14とは違い用途は狙撃で中距離射撃に優れた一品(400~500m)。
狙撃の為に様々な箇所に改造を施し、セミオートオンリー仕様になっている。
スプリングフィールドアーモリー社の製品に同名のM21があるが全くの別物となっている。

CoD4 マクミラン大尉がプライス少尉と共にプリピャチでの任務で使用している。(7.62mmNATO弾が入手しにくい状況で使用しているが、潜入という状況で可能な限り交戦を避けているので問題ないと言えるかもしれない)
M21 ピクシブ百科事典 


画像

114
115
116
118
119


動画

 SPRINGFIELD ARMORY M21 TACTICAL RIFLE!
  

 YouTube M21 Sniper rifle
  


関連