ラインメタルFG42自動小銃


85
FG 42(ドイツ語: Fallschirmjägergewehr 42)は、第二次世界大戦中にラインメタル社が開発した汎用自動小銃である。その名称は「42年式降下猟兵小銃」を意味する。
ラインメタルFG42自動小銃 wikipedia 
目次
1.ラインメタル社
2.7.92x57mmモーゼル弾
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連
7.関連商品




ラインメタル社

90
http://www.rheinmetall.com/en/rheinmetall_ag/home.php

ラインメタル(Rheinmetall AG)は、ドイツの軍事産業コングロマリットである。本社はデュッセルドルフ。資本金は3600万ユーロ(2007年12月現在)。フランクフルト証券取引所に上場し、MDAX(ドイツ株価指数(DAX)の中型株指数)採用銘柄でもある。ティッカーシンボルはFWB: RHM。

特に火砲の開発・製造で知られ、同社製滑腔砲の120 mm L44はレオパルト2(西ドイツ後にドイツ連邦共和国)、M1エイブラムス(アメリカ合衆国)、90式戦車(日本)など西側諸国の代表的な第3世代主力戦車の標準装備となっている。
小火器においては、第二次世界大戦の際に開発されたベルト給弾式機関銃MG42の改良型で、非分離式リンクのまま7.62mm NATO弾仕様にしたMG1、後にNATO標準の分離式リンクを使用できるMG3を生産している。このMG3はベルギーのFN MAGと並ぶ西側の代表的な汎用機関銃であり、H&K G3アサルトライフル採用国を中心に採用され、多くの国でライセンス生産されている。
ラインメタル wikipedia 

7.92x57mmモーゼル弾

91

7.92x57mmモーゼル弾(7.92×57mm Mauser)、あるいは8mmモーゼル弾(8mm Mauser)、8x57 IS弾(8 × 57 IS)は、ドイツ帝国で開発されたリムレス・ボトルネック型の小銃用実包である。1905年の採用以降、第一次世界大戦および第二次世界大戦の双方でドイツ軍の標準小銃弾として使用された。開発当時、7.92x57mmモーゼル弾は最も人気のある軍用実包の1つとして世界各国の軍隊が採用した。21世紀になっても、狩猟・スポーツ用実包としてヨーロッパやアメリカでの生産が続いている。
7.92x57mmモーゼル弾 wikipedia 

特徴

89

他の国では当時、例えばイギリスのブレン軽機関銃のような、大量の軽機関銃 (LMG) を装備していたが、当時のナチスドイツにはブレンの先祖であるZB26が武装親衛隊に限定配備されていた程度であった。降下猟兵は限られた数のMG34を使用していたが、これは他国のLMGよりも重く、コンテナに詰めて投下されたが戦闘中に回収できないことが多く、兵が携帯して降下できる自動火器が求められた。こうしてヘルマン・ゲーリング (Herman Göring) の許可により、FG42が開発された。この銃はオートマチックで単射だけでなく連射することもできたので、分隊支援火器として使用できた(当時はまだアサルトライフル的運用概要が無かった)。
FG42 ピクシブ百科事典 

大戦序盤、ドイツ降下猟兵はオランダやベルギーで降下作戦を行った。その時の経験から、軽装備が前提の空挺部隊には、主力小銃のKar98Kでは火力不足と判明し、火力を増大させるため自動式小銃を欲する様になった。この要求に対して兵器開発を統括する陸軍兵器局は、開発中だった短小口径弾(7.92mm×33)と、それを使用する突撃銃(Mkb42:後のStG44)の使用を提案するが、実績のない短小口径弾の性能に疑問を持った空軍は、独自に自動小銃を開発する事にした。
 そして空軍総司令官でありドイツ軍副総統、ついでに軍需産業の総責任者であったゲーリングの肝煎りで、降下猟兵向けの仕様要求――従来の小銃弾が使用でき、長射程で取り回しが良く銃剣が装着可能。ついでに狙撃にも使える――を満たした自動小銃の開発を各民間企業に発注。数社から提出された試作銃を競合の結果、ラインメタル社の物が適当と判断されFG42(Fallschirmjägergewehr 42:降下兵小銃42年型)の名前で制式採用された。

 こうして誕生したFG42だったが、新たな銃を生産ラインに割り込ませた物だから生産数はままならず、敗戦までの間に約5000~7000挺程度しか生産できず降下猟兵全員が装備できるほど数は揃わない。そのうえ東部戦線で疲弊した陸軍の兵力不足解消に空軍野戦師団が創設されると、銃器不足のため軽機関銃代わりに引っぱり出される始末。更に当の降下猟兵が度重なる激戦で消耗してしまい大規模降下作戦ができなくなり、当初の予定通りに使われることは無かった。
 なお戦後になってFG42を捕獲したアメリカ軍が、この銃を参考に自国向けの汎用機関銃の開発を行いM60を作り上げている。
ラインメタル FG42 / Rheinmetall Fallschirmjägergewehr 42 【自動小銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

83
87
84
88
86


動画

 Vickers Tactical - FG42
  

 FG42.wmv
  


関連