64式7.62mm小銃


9

64式7.62mm小銃(ろくよんしき7.62ミリしょうじゅう・英語名:Howa Type 64 Rifle)は、主に陸海空の各自衛隊と海上保安庁で使用されている自動小銃。

1964年に制式採用された戦後初の国産小銃である。開発と製造は豊和工業が担当し、自衛隊と海上保安庁で採用された。アサルトライフル、もしくはバトルライフルに分類される場合がある。
日本人の体格を考慮した設計となっており、命中精度を高めるために二脚を標準装備する。また、連発時の命中精度向上を図り、緩速機構による低発射速度や横ブレ・振動を防ぐ部品形状・配置を採用した。1984年度における製造単価は約17万円。弾倉はダブルカラム(複列)式で最大装弾数は20発。
64式7.62mm小銃 wikipedia 
目次
1.豊和工業
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




豊和工業

15
http://www.howa.co.jp/

16

豊和工業株式会社(ほうわこうぎょう、英: Howa Machinery, Ltd.)は、愛知県清須市に本社を置く機械メーカー。東証一部上場。工作機械、油圧機器、特殊車両や銃器などを製造。自動小銃や迫撃砲をはじめとする自衛隊の装備も製造している。
豊和工業 wikipedia 

特徴

17

弾薬はM80普通弾を使用し威力と命中精度に優れる。
M80普通弾には7.62mmNATO弾と同様の常装薬弾と装薬量を減らした減装薬弾が用意されている。
バトルライフルの64式の後継がアサルトライフルの89式小銃っておかしくね?とか思われるが米軍でも前例があるしそもそもどっちも自動小銃なので問題ない。
89式への更新後も7.62mmの射程の長さからマークスマンライフルとして使用されており、空自や海自、海保といった交戦距離が長くなりがちな場合も更新される予定が無い、もしくは89式が配備されても残される事になっている。
64式小銃 ピクシブ百科事典 

当時、自衛隊の次期制式銃にはM14を予定していたが、「自衛隊の主力火器は国産で」との声を受け急ピッチで開発。試作時にはAR10、最終的にはセトメ モデロ58(外観、減装弾)やシモノフSKS(機構)などの外国製自動小銃を参考にしながらも、日本独自の設計思想に基づいて開発された64式は、完成後そのまま制式採用された。幾多の自衛官が最初に手にするのがこの銃であり、多くの自衛官の汗が染み込んだ“重みと誇り”を持った銃である。
豊和工業 64式7.62mm小銃 【自動小銃】 MEDIAGUN DATABASE 

戦後アメリカ軍より払い下げられていたM1カービンM1ガーランドの後継として製作・開発された。なお開発にあたって、M14M1カービンBAR、ソ連のSKS、チェコのZB26軽機関銃と、様々な銃を参考にしている。

カービンガス圧利用の落ち込み式ボルト、直動式撃鉄での撃発を行う構造になっている。この方式はSKSカービンZB26で使用されているものである。

FALM14等の同世代のバトルライフルと比べて軽量で減装弾を使用するするので小柄な日本人にも扱いやすいよう設計にしてあるが、結局は7.62mm弾なのでやはり扱いづらいという意見がある。
64式7.62mm小銃 ニコニコ大百科 


画像

10
出典:http://photozou.jp/photo/show/309100/54939643
11
出典:http://rightwing.sakura.ne.jp/equipment/jasdf/weapons/type64r_jasdf/type64r_jasdf.html
12
出典:http://tag.vis.ne.jp/jsdf/soubi/jgsdf/64-762syojyu.html
13
出典:http://takaoka.zening.info/JSDF/JGSDF/Howa_Type_64_Rifle/index.htm
14
出典:http://www.hyperdouraku.com/event/jgsdf_kisarazu1006/ 


動画

 陸上自衛隊【64式7.62mm銃.62式7.62mm機関銃(Type 64 Rifle.NTK-62)】
  

 64式7.62mm小銃 武山駐屯地 東部方面混成団 創立1周年記念行事
  


関連