スプリングフィールドXD


887
スプリングフィールドXD(Springfield XD, XDはX-tremeDutyの略)は、クロアチアで設計・製造され、アメリカのスプリングフィールド・アーモリー社が販売している半自動拳銃。

オリジナルのHS2000拳銃は1990年代後半に登場し、クロアチアの軍や警察に制式拳銃として採用された。その後、アメリカに現地法人を設立して販売を始める。HS自体は無名だったものの少しずつ売れ行きは伸び始め、それに注目したスプリングフィールド・アーモリー社がアメリカでのブランディングと販売を委託することになった。2002年にHS2000はXDという名を与えられて販売を開始した。
888
スプリングフィールドXD wikipedia
目次
1.スプリングフィールド・アーモリー
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




スプリングフィールド・アーモリー

889
http://www.springfield-armory.com/


スプリングフィールド・アーモリー(英:Springfield Armory)は1974年に設立された銃火器メーカー。1968年に閉鎖したスプリングフィールド国営造兵廠のブランドを受け継ぎ、同様の製品ラインナップを民間向けにも供給している。ただし会社はあくまでブランド名を買い取ったのみで設備や人員は前身であるイリノイ州のメーカそのままであり、社名以外に直接の関連はない。

ロバート・リーズが1968年に閉鎖された「スプリングフィールド・アーモリー」というブランド名を買収し、新たに設立した民間企業である。1980年にはロバート・リーズの息子であるデニス・リーズとトム・リーズに経営が受け継がれた。
民間会社として設立した当初はM14の民間モデルであるM1Aを中心に生産を行っている。M1911A1の良質なコピーを製造することで知られており、自社製カスタムのみならずガン・スミスによるガバメント・カスタムのベースとして使用されている。
さらに現在では、クロアチアから製造権を購入したHS2000というポリマーフレームハンドガンをXDとしてブランド販売(後に自社生産)しており、順調に売上を伸ばしている。
スプリングフィールド・アーモリー wikipedia 

特徴

グロックと同じくグリップ・フレーム材質にポリマーを採用し外見も似ているが、グリップセイフティと独特の意匠のスライドが大きな差異となっている。また、スライド後部にコッキングインジケーター、上部にはエキストラクター(排莢用のツメ)に似たローディングインジケーターを備え、撃発もグロックの変則ダブルアクションオンリーに対し、シングルアクションである。価格もグロックシリーズの600ドル前後に対して、XDシリーズは450ドル前後とより安価となっている。

 日本での注目度は低いがアメリカ本国では非常に人気が高く、品薄状態が続いている。ベストセラーは確実とも言われており、今やスプリングフィールド社最大のドル箱商品となっている。
スプリングフィールドXD / Springfield XD 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

887
884

XD-S 4.0
885

Tactical
890

HS9
891


XDM 4.5
892

XDM 3.8 Compact
886

XDM 5.25 Competition
893
 
 
動画

 Springfield XD (My first experience)
  

 Springfield XD-M 9mm - Why You Should Own One
  


関連