トカレフTT-33


852
トカレフ TT-33(英: Tokarev TT-33、露: Токарев ТТ-33)は、ソ連陸軍が1933年に制式採用した軍用自動拳銃である。

正式名称を「トゥルスキー・トカレヴァ1930/33」Тульский-Токарева 1930/33(トゥーラ造兵廠・トカレフ 1930年/33年式)と呼び、略してTT-30/33とも呼ばれるが、一般には設計者フョードル・トカレフにちなみ、単に「トカレフ」の名で知られている。
本来必須な筈の安全装置すら省略した徹底単純化設計で、生産性向上と撃発能力確保に徹した拳銃であり、過酷な環境でも耐久性が高く、かつ弾丸の貫通力に優れる。第二次世界大戦中-1950年代のソ連軍制式拳銃として広く用いられた。
1950年代以降、ソ連本国では後継モデルのマカロフ PMに置き換えられて過去の銃となったが、その後も中国を始めとする共産圏諸国でライセンス生産・コピー生産が行われた。中国製トカレフは1980年代以降日本にも多数が密輸入され、暴力団などの発砲事件にしばしば使われることで、一般人にも広くその存在を知られている。
856
トカレフTT-33 wikipedia
目次
1.設計者
2.7.62x25mmトカレフ弾
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連
7.関連商品




フョードル・トカレフ

858

フョードル・ヴァシーリエヴィチ・トーカリェフ(ロシア語: Фёдор Васильевич Токарев/英語: Fedor Vasilievich Tokarev 1871年6月14日(ユリウス暦6月2日) - 1968年6月7日)は、ロシアの銃器設計者。ソ連最高会議武器委員。

祖国大戦争(第二次世界大戦)などで使用された、トカレフTT-33半自動式拳銃およびトカレフSVT-40自動装填式ライフル銃を設計。多くの丁数が製造された。その後武器に対する貢献が認められ社会主義労働英雄賞を授与された。
フョードル・トカレフ wikipedia 

7.62x25mmトカレフ弾

857

7.62x25mm トカレフ弾(ロシア語: 7,62×25 мм ТТ、ラテン文字表記の例: 7.62x25mm Tokarev)は、旧ソビエトとその周辺諸国で広く使用されていたボトルネック型の拳銃弾である。

トカレフ弾は拳銃弾としては珍しくボトルネック型にデザインされている。設計の参考にされたのはドイツの7.63x25mmマウザー弾で、寸法がほとんど同じため、銃によってはトカレフ弾とマウザー弾双方を発射することも可能である。
7.62x25mmトカレフ弾 wikipedia 

特徴

TT-33の構造はM1911を参考にしながらも極めて単純で、生産コストが安く、過酷な環境でも安定して動作し、部品交換が楽とされる。
 反面、グリップは握りにくく、操作性は悪い、構造の単純化のために安全装置すら無い。
 シングルアクションであるこの銃はハンマーが倒れた状態で取り落とすと、その衝撃で撃針を叩いてしまい暴発の危険があったが、民生での販売を考えていない軍用の銃であり、訓練された兵士はそんなヘマはしないとして問題無しといわれた。
 一応はハンマーの指かけ部以外をスライドで覆い隠すという落下時の暴発を防ぐ対策はされている。
 逆にハンマーを起こした状態も当然危険であるが、ハンマースプリングなどを強くして、引き金を引きにくくすることでそれを緩和し、問題なしとした。
 ハーフコック、ハーフポジションと呼ばれるハンマーを安全位置で固定する機構すらこの銃には存在していない。
TT-33 ピクシブ百科事典 

とはいえ、安全面での不安を考慮に入れても、シンプルでユニット化された構造による高い整備・生産性、厳しい環境下での確実な作動など、強みも少なくない。一般の兵士のトレーニングにおいて、セイフティのオン/オフの使い方を教えなくてもよく、より早く習得しやすい。また、.30トカレフ弾は、ライフル弾と同様、薬莢の先が酒瓶の様にすぼんでいるボトルネックカートリッジであり、弾速が速く貫通力に優れている。レベルIIのボディアーマーを易々と突き抜けるため、警官達に恐れられた。ただ、命中してもそのまま人体を貫通してしまうためにストッピングパワーは低いとも云われている。
USSR トカレフ / СССР ТТ 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

853
854
855


動画

 Tokarev (Close-up)
  

 Tokarev 7.62x25 Polish Service Pistol
  


関連


関連商品