Cz75
774
Cz75は、1968年に開発が計画され、1975年に製造されたチェコスロバキア製の自動式拳銃。

名称のCzは、チェスカー・ズブロヨフカ国有会社(チェコ兵器廠国有会社(チェコ語:Česká zbrojovka, n.p.:ČZ、1992年民営化)にちなむ。主任設計者はFrantisek Koucky。

Cz75シリーズは、本国チェコを中心に中央ヨーロッパや東ヨーロッパ諸国などの法執行機関で採用されている。 アジアにおいては中国や北朝鮮などで明らかなCz75のコピー品が使用されている。
781
Cz75 wikipedia
目次
1.チェスカー・ゾブロヨフカ国有会社
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連商品
6.関連




チェスカー・ゾブロヨフカ国有会社

40
 
 Ceska zbrojovka a.s. 

チェスカー・ゾブロヨフカ(ズブロヨフカとも)とはチェコ語で「チェコ造兵廠」を意味し、社会主義時代のチェコスロバキア共和国で小火器を含む工業生産に関わっていた国営企業群、または前述のチェスカー・ゾブロヨフカ傘下のメーカーのうち、チェコ共和国独立後に株式会社化された「チェスカー・ゾブロヨフカ・ウヘルスキー・ブロト(以下CZUB)」を指す名称。

本項では、この二者のそれぞれについて解説する。こちらの「チェスカー・ゾブロヨフカ(以下CZ)」とはそもそも単一の企業の名称ではなく、チェコスロバキア共和国の共産主義思想の影響を受けて兵器開発・生産を行っていた複数の企業の総称である。  分かりやすく例えるなら、「CZ」とはチェコスロバキアが所有する国営企業の兵器すべてに与えられるブランドと考えるといいだろう。
チェスカー・ゾブロヨフカ MEDIAGUN DATABASE  

特徴

スチール、削り出し製の大型オートマチックピストルで、9mmパラベラム弾を弾倉に15発装填する。作動方式は一般的なブローニング式ショートリコイルであるが、特徴的な点としてはスライドがフレームの内側にかみ合っている構造があげられる。

当時は9mmの大容量マガジンを持ったオートマチックが流行の兆しにあったこともあるが、人間工学的な握りやすいマガジン、西側の人件費では実現できない優れた仕上げと素材(スチール)の品質などから、アメリカではシューティング競技の権威ジェフ・クーパーが「.45ACPでないことが残念だが、それでも世界最高のコンバットオートだ」とまで評するなど高い評価を得た。
Cz75 ニコニコ大百科 

実戦向きなコック&ロック可能なセイフティや、命中精度の高さもさる事ながら、人間工学を考慮したグリップは『まるで手に吸い付くよう』と評された。

CZ75の前期モデルは、非常に硬いスチールからの削り出しによる、高精度な作りであった。また旧共産圏の銃であるため西側での流通量が少なかったことと、仕上げの美しさから、現在もコレクターの間では高値で取り引きされている。
 ただ、後期型と比べて特段優れているわけではないとも言われている。硬い素材はいっぽうで弾性に欠け、スライド前部が薄くクリアランスもタイトだったため、衝撃による僅かな歪みも復元されにくく、塵芥の侵入で作動に不具合を起こす問題があった。
 また削り出し加工ゆえの生産効率の低さもあって、後期モデルからは生産性の高いロストワックス製法(インベスティメントキャスト)が採り入れられた。さらにフレームは噛み合わせが前方に延長され、ハンマーにハーフコックポジションが追加された。
 しかし、生産の省力化によって仕上げが荒れたことから、後期モデルはマニアの間では評価を落としてしまっている。
CZE CZ75 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

Cz75 B
775
776
 
Cz75 Auto
777
778
 
Cz75 SP-01
779
 
Cz75 P-01
780
 
Cz75 Compact
782
 
Cz75 Shadow
783
 

動画

 CZ 75
  

 CZ 75 Full Auto
  

 
関連商品


 

関連