AN-94


644
AN-94(ロシア語: АН-94)は、AKドラグノフ狙撃銃などの製造を行うロシアのイズマッシュ社のアサルトライフルの1モデル。AK-74Mの後継としてロシア連邦軍で配備が進められている。「アバカン」とも呼ばれる。本銃にはGRAUコードで6P33/6П33が付与されている。

5.45x39mm弾を採用したAK-74Mの後継モデルで、1994年にロシア軍に制式採用された。設計者はゲンナジー・ニコノフ(Gennadij Nikonov, 故人)らで、最初の2発の弾丸を短間隔で発射する機能を特徴としている。右側面に折りたためる銃床を採用し、強化プラスチック部品も使用されている。 AN-94の名は「Автомат Никонова 94(Avtomat Nikonova 94, ニコノフ式自動小銃 94年型)」の略である。「アバカン」とは1980年-1994年にかけて行われた次世代アサルトライフル開発プロジェクトのコードネームで、この名称は、シベリア南部のアバカン要塞やハカス共和国の首都名にみられる。
AN-94 wikipedia 
目次
1.イズマッシュ
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連




イジェフスク機械製作工場(イズマッシュ)

304
 http://kalashnikovconcern.ru/ 


イジェフスク機械製作工場 (Ижевский машиностроительный завод)。は、ロシアの兵器メーカーである。
イジェフスク (Ижевский) と機械製作 (машиностроительный) の語頭から Ижмаш (Izhmash) と略す。ロシア語ではイジマシと読むが、英語風にイズマッシュと読むことが多い。短く Иж (Izh) とも略す。(いずれも大文字でも書く)
イジェフスクに拠点があり、1807年にアレクサンドル1世が設立した。世界でも大手の兵器メーカーである。代表製品はアサルトライフルのAK-47(カラシニコフ突撃銃)。他に航空機関砲、ミサイル、ミサイル誘導装置も生産している。また、兵器以外にも、狩猟・スポーツ銃、ナイフ、オートバイ、自動車、工作機械などを作っている。
イジェフスク機械製作工場 wikipedia 

特徴

649

毎分1800発という高速な発射速度を確保するための2点バーストが特徴で、これ専用に「プーリー駆動バースト機構」という発射機構を採用している(フルオート時、3発目以降は毎分600発)。
また上記の機構のために、マガジンがやや右側に傾いて装填される。

機構の複雑化もあってAK-74と比べトラブルも多く、慣れていない新兵ではまともに整備も出来ず、値段も高いので少数配備程度だったが、経済の回復によりどうにか1個小隊に1挺のペースで配備されている。
が最近AK-12の登場で立場が危うくなっている。

設計者であるニコノフが亡くなった為、改良やバリエーションの開発は遅れている。
AN-94 ピクシブ百科事典 

AN94は、歩兵用主力ライフルとしては、かなり特異な機構や特徴をもつ。作動はガスオペレーションだが、機関部に細い鋼線とプーリー(滑車)を内蔵しており、これらを介してボルトキャリアを駆動することで、1800発/分という超高速の2点バースト射撃を可能としている。これにより反動が発生する前に次弾を発射し、初弾からの数発を高い集弾性でもって目標に命中させうるというものだ。その一方で独特の銃身後退機構によってリコイルを軽減し、使用者の負担を抑制する機能を備えている。
 銃身後退機構によりガスチューブ部分と干渉するのを防ぐ為、銃剣は一般的な銃口の下側ではなく銃口の右側に刃を水平にして装着する設計で、またこれによりアドオンランチャーとの同時使用が可能。グリップ部には撃発装置を内蔵し、保管時は別にすることで保管時の事故・盗難を防ぐ等、様々なアイデアや仕掛けが採り入れられている。

 しかし、発射機構が複雑化し、訓練を積んだ者でなければまともにフィールドストリッピングも出来ないとまで言われている。同時に、単価もAK74シリーズと比べて4、5倍と高価になり、生産性も低く、連射時の熱に弱いため長時間の射撃で動作不良を起こしてしまうこの機構は、生産性と堅牢性に優れたAKシリーズとは対照的な本銃の弱点でもある。この為、誰でも扱えるAKシリーズとは異なり、特殊部隊等の「プロ」の兵士向けの突撃銃とされている。
イジェマッシ AN94 “アバカン” / Ижмаш АН-94 "Абакан(Abakan)" 【突撃銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

648
646
647
645


動画

 Russian AN-94
  

 5.45mm AN-94 Abakan (slow motion)
  

 
関連