H&K HK53


620
H&K HK53は、ヘッケラー&コッホ社のHK33の短縮型カービン・モデルである。

ヘッケラー&コッホ社では、5.56x45mm NATO弾を使用するアサルトライフルであるHK33をグループ2に分類しており、これを元にして特殊作戦などの用途を狙い、銃身などを短縮化したのがHK53である。
HK53は、HK33シリーズよりも銃身を179mm短縮しており、全長にして、160mm(銃床展張時)/145mm(銃床短縮時)の短縮を実現している。これは、9x19mmパラベラム弾を使用する短機関銃であるH&K MP5の伸縮式銃床採用型に近い大きさである。このため、サブマシンガンと呼称される場合もある。
作動機構はHK33と同様にローラー遅延式ブローバックを採用し、トリガー・グループなど、一部の部品については、MP5との互換性が確保されている。
HK33シリーズがA1/A2からA3/A4に発展するに従って、HK53もA3準拠のモデルが開発された。また、装甲車の銃眼から射撃できるように改設計されたHK53 FPWが派生したほか、G3以来引き継がれてきた金属製ドラム型照準器のかわりに、1.5倍の光学スコープを固定装備したGR2も開発された。
H&K HK53 wikipedia 
目次
1.H&K社(ヘッケラー&コッホ)
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




H&K社(ヘッケラー&コッホ)
H&K

http://www.heckler-koch.com/en.html
ヘッケラー&コッホ(独:Heckler & Koch GmbH、ヘックラー・ウント・コッホ・ゲーエムベーハー)社は、ドイツの銃器メーカーである。本社はドイツ南部のバーデン=ヴュルテンベルク州のオベルンドルフ (Oberndorf am Neckar) にある。また、アメリカ国内に子会社を持っている。本項ではH&K社と略記する。 USP(自動拳銃)、MP5(短機関銃)、MP7(個人防衛火器)、PSG-1(高精度狙撃銃)、G3およびG36(自動小銃)などを製造している。

H&K は、1949年にドイツの歴史ある銃器メーカーのモーゼル社を退職した3名の技術者、エドムント・ヘックラー(ドイツ語版)とテオドール・コッホ(ドイツ語版)、アレクス・ザイデル(ドイツ語版)が、1950年に設立した。設立当初は、ミシンやその他の精密機器を製造していた。しかし、1956年にドイツ連邦軍が創設されると、軍用火器を製造する方針に切り替えた。Keine Kompromisse!(妥協しない)をスローガンに活動している。
1991年、H&K はブリティッシュ・エアロスペースの一部門であるロイヤル・オードナンスに買収された。ブリティッシュ・エアロスペースの傘下で、SA80の改修と改良に貢献した。その後、ブリティッシュ・エアロスペースは1999年にBAEシステムズに変革し、H&Kの部門は2002年に宇宙航空用途のためにドイツに作られたグループ企業 (H&K Beteiligungs GmbH) へ再び売却された。 2009年、ドイツの有名銃器メーカー「ハーネル」を買収した。
ヘッケラー&コッホ wikipedia
623

アサルトライフル?サブマシンガン?どっち?


使用している銃弾が5.56mmNATO弾を使用しており他のアサルトライフルと変わらないが、MP5の収縮式銃床型に近い大きさなためサブマシンガンと分類される場合もあるが、製造元のH&Kはアサルトライフルとして扱っている。
まあ同社のG36CHK416CもアサルトライフルなのでHK33Cともいえる。
G36Cなどの登場で旧式となったHK53ではあるが。SAS等が現在も使用し、イラク戦争の報道写真などでその姿を見ることが出来る。

なお単発であってもこのサイズは、アメリカでは法律の関係で所持が一部の物しかできない。HK33のセミオンリーモデルであるHK43やHK93ならOKであるが。(州法の関係もあるので細かいことは言えない)
HK53 ピクシブ百科事典 


画像

621
622


動画

 実弾射撃 H&K HK53 セミ/フルオート (HK53 Semi / Full Auto)
  

 HK53 ライフル
  


関連
KSC 電動ガン:H&K HK53 マイクロカービン [取寄]

KSC 電動ガン:H&K HK53 マイクロカービン [取寄]
価格:41,143円(税込、送料別)