StG44


572
StG44(ドイツ語: Sturmgewehr44 (シュトゥアムゲヴェーア・フィーアウントフィアツィヒ))は、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツにより量産された軽量自動小銃である。現代的なアサルトライフルの原形とみなされている。製造時期によりMP43、MP44の名称が存在する。

StG44はSturmgewehr 44の略称である。このSturmgewehrシュトゥルム・ゲヴェーア(Sturm=「強襲・突撃」、Gewehr=「銃」)という言葉は英語圏においてAssault Rifleアサルト・ライフル(突撃・銃)と訳され、後にStG44と同種の武器を表す言葉として広く用いられるものとなった。
現代の軍隊で使用されているアサルトライフルの特徴を備えており、作動方式はガスオペレーション式で、セミオート(単発)とフルオート(連発)を切り替えられる。
StG44 (突撃銃) wikipedia 
目次
1.ナチス・ドイツ
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




ナチス・ドイツ

580

ナチス・ドイツは、アドルフ・ヒトラー及び国家社会主義ドイツ労働者党 (NSDAP、ナチ党) 支配下の独裁政治であった、1933年から1945年までのドイツ史における期間である。社会のほぼ全ての側面においてナチズムの考え方が強制される全体主義国家と化した。ヨーロッパにおける第二次世界大戦が終結する1945年5月に連合国軍によって敗北し、ナチス・ドイツは消滅した。
ナチス・ドイツ wikipedia 
579

特徴

578

画期的なコンセプト
本銃は歩兵小銃としての基本スペックに短機関銃並の軽便さと撃ちやすさを融合させるという少々わがままな発想から開発が行われた。
単に自動化するだけでも当時は優れたものであったが、戦場での本銃はさらに、いくつもの優れた点があった。
まずセミ・フルオートのセレクティブファイアができること。当時一部の軽機関銃や短機関銃がセレクターやトリガー操作でセミ・フルオートを選択して射撃できたが、歩兵小銃でこの機構を盛り込んだのは画期的だった。 セミオートでは、遠距離への射撃や攻撃時の移動しながらの牽制射撃を行い、フルオートでは接近戦、塹壕への突入、移動時の援護射撃、遭遇戦の多い市街地と、状況や戦術に応じて使い分けることができ、それまでの歩兵小銃にはできなかったオールマイティな運用が可能だった。
短小弾のおかげで小銃より撃ちやすく、それでいて短機関銃より精度もよく、ピストルグリップつきのレシーバー(フェデロフアブトマットにはフォアグリップはあるがまだライフルストックのまま)の採用で短機関銃のような操作性まで持ち合わせていた。
戦後のアサルトライフル、M16AK47G3FAL等に引き継がれた突撃銃、StG44の登場は陸戦兵器の歴史に衝撃的な一ページを刻んだといえるだろう。
StG44 ピクシブ百科事典

第一次世界大戦での戦訓から、従来の歩兵主力火器である単発高威力な大口径弾よりも、多少の射程と威力を犠牲にしてでも射撃安定性と携行弾数を増大させた方が戦闘に有利との考え方が生まれた。そこでドイツでは1930年代半ばから末にかけて、その思想を元に従来の7.92mmx57よりも小型の7.92mmx33を開発。同時に技術力の発達により銃自体の半/全自動発射機能も検討され、その結果ハーネル社内でヒューゴ・シュマイザーを筆頭とした開発チームが作り上げたのがMkb42(H)である。このMkb42(H)は独ソ戦初期に実験投入され良好な性能を示し、ドイツの次期主力火器として期待された。また構造的にも、レシーバーやグリップ部はメタルシートをプレス加工し溶接で張り合わせたモナカ状の構造で、生産性にも優れていた。しかし、ここからStG44の苦難が始まる。
 それは当時ドイツ軍主力小銃であったKar98Kと使用弾が異なるため『補給に混乱を招く事になる』との理由でヒトラーが本銃の採用を禁止したのだ。確かに理由としては一理あるが、その問題を補って余りある性能を持つ本銃を使わない手はない。そこで軍部は、本銃に"MP43"の偽呼称を与え、既存の短機関銃の改良型と偽りヒトラーには内密に細々と生産を指示。そして翌1944年には多数の実戦配備と現場の兵士の好評と云う既成事実を前に、ヒトラーも我を折らざるを得ずMP44――後に改称されStG44(Sturmgewehr44:突撃小銃44型)――の名前で制式採用され、終戦までに約28万挺が生産された。
ハーネル StG44 / Haenel Sturmgewehr 44 【突撃銃】 MEDIAGUN DATABASE

最近ではテロ戦の影響ゆえ、本来の交戦距離以上の戦いが多いアフガンでは力不足となり、アメリカ軍がごり押し採用させたNATOフルロード弾にも光があたっている。
それでも反動を抑え込んだアサルトライフルとなると、SCAR等は重量が5kgを超える重い銃となり、今後もStg44の設計思想がすたれる事はなさそうである。
StG44とは ニコニコ大百科 


画像

572
573
574
576
577
575


動画

 StG44 Assault Rifle
  

 RARE Sturmgewehr STG44
  

 RARE! Authentic German WW2 STG-44 Shooting Demo
  


関連