H&K HK53


545
H&K HK53は、ヘッケラー&コッホ社のHK33の短縮型カービン・モデルである。

ヘッケラー&コッホ社では、5.56x45mm NATO弾を使用するアサルトライフルであるHK33をグループ2に分類しており、これを元にして特殊作戦などの用途を狙い、銃身などを短縮化したのがHK53である。
HK53は、HK33シリーズよりも銃身を179mm短縮しており、全長にして、160mm(銃床展張時)/145mm(銃床短縮時)の短縮を実現している。これは、9x19mmパラベラム弾を使用する短機関銃であるH&K MP5の伸縮式銃床採用型に近い大きさである。このため、サブマシンガンと呼称される場合もある。
作動機構はHK33と同様にローラー遅延式ブローバックを採用し、トリガー・グループなど、一部の部品については、MP5との互換性が確保されている。
HK33シリーズがA1/A2からA3/A4に発展するに従って、HK53もA3準拠のモデルが開発された。また、装甲車の銃眼から射撃できるように改設計されたHK53 FPWが派生したほか、G3以来引き継がれてきた金属製ドラム型照準器のかわりに、1.5倍の光学スコープを固定装備したGR2も開発された。
H&K HK53 wikipedia 
目次
1.H&K社
2.ローラー遅延式
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連商品
7.関連



H&K社(ヘッケラー&コッホ)
H&K

http://www.heckler-koch.com/en.html
ヘッケラー&コッホ(独:Heckler & Koch GmbH、ヘックラー・ウント・コッホ・ゲーエムベーハー)社は、ドイツの銃器メーカーである。本社はドイツ南部のバーデン=ヴュルテンベルク州のオベルンドルフ (Oberndorf am Neckar) にある。また、アメリカ国内に子会社を持っている。本項ではH&K社と略記する。 USP(自動拳銃)、MP5(短機関銃)、MP7(個人防衛火器)、PSG-1(高精度狙撃銃)、G3およびG36(自動小銃)などを製造している。

H&K は、1949年にドイツの歴史ある銃器メーカーのモーゼル社を退職した3名の技術者、エドムント・ヘックラー(ドイツ語版)とテオドール・コッホ(ドイツ語版)、アレクス・ザイデル(ドイツ語版)が、1950年に設立した。設立当初は、ミシンやその他の精密機器を製造していた。しかし、1956年にドイツ連邦軍が創設されると、軍用火器を製造する方針に切り替えた。Keine Kompromisse!(妥協しない)をスローガンに活動している。
1991年、H&K はブリティッシュ・エアロスペースの一部門であるロイヤル・オードナンスに買収された。ブリティッシュ・エアロスペースの傘下で、SA80の改修と改良に貢献した。その後、ブリティッシュ・エアロスペースは1999年にBAEシステムズに変革し、H&Kの部門は2002年に宇宙航空用途のためにドイツに作られたグループ企業 (H&K Beteiligungs GmbH) へ再び売却された。 2009年、ドイツの有名銃器メーカー「ハーネル」を買収した。
ヘッケラー&コッホ wikipedia
ローラー遅延式は、薬莢が後退する際のエネルギーを、遊底に取り付けられたローラーにより分散し遊底の後退速度を低下させる方式である。ローラーロッキングとも呼ばれるが、MG42等のショートリコイル作動方式に使用されるローラーロッキングとは異なり機械的に完全な閉鎖状態にはならず、ショートリコイル作動方式とは作動原理が異なる。

ローラー遅延式は第二次世界大戦中にショート・リコイル方式のローラーロック機構を持つMG42を開発する過程で、意図せずにロックが解除されてしまう現象が偶然発見された事から派生した遅延機構であり、ルートヴィヒ・フォルグリムラー博士を中心とするモーゼル社の技術者グループにより省力型MG42の閉鎖機構として実用化が進められた。
ローラー遅延式ブローバック wikipedia

特徴

549

使用している銃弾が5.56mmNATO弾を使用しており他のアサルトライフルと変わらないが、MP5の収縮式銃床型に近い大きさなためサブマシンガンと分類される場合もあるが、製造元のH&Kはアサルトライフルとして扱っている。
まあ同社のG36CHK416CもアサルトライフルなのでHK33Cともいえる。
G36Cなどの登場で旧式となったHK53ではあるが。SAS等が現在も使用し、イラク戦争の報道写真などでその姿を見ることが出来る。
HK53 ピクシブ百科事典 

1960年代にH&K社がMP5と同時期に開発した、G3のスケールダウンモデル。G3と同様のローラーロッキングボルトやディレイドブローバックのメカニズムがそのまま組み込まれている。使用する弾薬が7.62mmから5.56mm口径となったことから、発砲時のリコイルはよりマイルドになり、銃本体も、剛性はほぼそのままでG3よりも軽量・小型となっている。G3の素性の良さを引き継ぎつつも、G3よりも扱いやすいモデルである。

 グリップやトリガーグループ、バットストックはMP5シリーズと共用で、フラッシュハイダー部には、ライフルグレネードや銃剣を装着するためのスロットが設けられている。銃身下にはG3用アドオンのHK79A1擲弾発射機が装着可能だ。基本は25発マガジンであるが、30発や40発仕様のマガジンも存在し、M16のマガジンを共用するための改造用キットも存在する。

   HK33は、NATOやイタリアなどのトライアルに参加するものの、それらの制式ライフルとしての地位には届かず、自国西ドイツもG3をすでに採用していたことからか、同じ機構の本銃に食指を動かさなかった。しかし、決して低くない性能と売り込みで、タイ陸軍の制式ライフルを始め世界各地の正規軍、警察機構で使用されることとなった。
 アメリカ軍などはベトナムへの本格的武力介入の当初、まだ制式採用されたばかりで問題点の多かったM16よりも信頼を置ける存在であるとして、潜入作戦を行う特殊部隊(主として海軍のSEALや海兵隊のフォース・リーコンなどの精鋭部隊)にこの銃を支給していたようだ。
 このように性能や普及度では他の突撃銃と比べて決して見劣りしないHK33だが、日本国内では兄弟銃のG3MP5の知名度に圧されてマイナーなイメージで知られる。
H&K HK33 【突撃銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

548
546
547


動画

 実弾射撃 H&K HK53 セミ/フルオート (HK53 Semi / Full Auto)
  

 Heckler & Koch HK53
  


関連商品

KSC 電動ガン:H&K HK53 マイクロカービン [取寄]

KSC 電動ガン:H&K HK53 マイクロカービン [取寄]
価格:41,143円(税込、送料別)

 

関連