ウィンチェスターM1897


530
ウィンチェスターM1897(Winchester Model 1897)、あるいはモデル97(Model 97)、M97、トレンチガン(Trench Gun)とは、アメリカで開発されたポンプアクション式散弾銃である。外装式のハンマーとチューブ型弾倉を備える。ウィンチェスター・リピーティングアームズが製造しており、1897年から1957年までの生産数は1,000,000丁を超えたという。M1897はかつてジョン・ブローニング技師が設計したウィンチェスターM1893に改良を加えたものである。銃身長や口径ごとにいくつかの派生型が設計された。標準的なモデルは12ゲージ30インチ銃身型と16ゲージ28インチ銃身型であった。特注の場合、銃身長は20インチから36インチまでの幅で選択することができたという。設計以来、アメリカの軍隊、警察、ハンター等によって広く使用された。

M1897を設計したのは著名な銃器設計者のジョン・ブローニング技師である。1897年11月、当初は12ゲージのソリッドフレームモデルとしてウィンチェスター社の商品一覧に掲載された。その後、1898年10月には12ゲージのテイクダウン型が、1900年2月には16ゲージのテイクダウン型が発表された。元々、M1897はよりタフで頑丈なM1893の改良型として設計されていた。M1893に比べて機関部の厚みが増しており、当時は一般的でなかった無煙火薬弾の使用が可能になっていた。M1897は散弾銃としては初めてテイクダウン、すなわち銃身の分離を可能とした。これはレミントンM870モスバーグM500など、今日の散弾銃では基本的な構造となった。現在では「M97はアメリカ市場で最も人気のある散弾銃となっただけではなく大量に輸出され、また散弾銃や他の銃器の標準を確立した」と評価されている。生産は1897年から1957年までの60年間続いた。その後、ウィンチェスターM1912レミントンM870のようにより先進的なハンマー内蔵型散弾銃が開発されると、M1897は徐々にそれらに置換されていった。しかし、現在でもM1897は主に民間市場で広く流通している。
ウィンチェスターM1897 wikipedia 
目次
1.ウィンチェスター・リピーティングアームズ
2.ジョン・ブローニング
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連商品
7.関連




ウィンチェスター・リピーティングアームズ

522
http://www.winchesterguns.com/


ウィンチェスター・リピーティングアームズ(英:Winchester Repeating Arms)はアメリカ合衆国の銃器メーカー。

1850年代(遅くとも後半)に創設者のオリバー・ウィンチェスターが、経営不振に陥ったボルカニック・リピーティングアームズ社から工場とレバーアクションライフルの製造権を取得して、コネチカット州ニューヘイブンにニューヘイブンアームズ社を設立したのが始まりとされる。「ウィンチェスター」の社名で正式に呼ばれるようになったのは1866年からである。
西部開拓時代から人気が高く、アメリカの狩猟用ライフルやショットガンの名門としてレミントン社などの企業と肩を並べている。中でもM1873レバーアクションライフルコルトSAAと共に「西部を征服した銃」として有名で、今なお西部劇ファンから親しまれている名銃である。
なお、レバーアクションライフルを発明したのは創始者であるオリバー・ウィンチェスターや、著名な銃器家ジョン・ブローニングだと誤解されることが多いが、実際に連発式のレバーアクション機構を発明したのはボルカニック社のホーレス・スミスとダニエル・ウェッソンであり、彼らが開発したボルカニック連発銃がルーツである。余談であるが、ボルカニック銃を開発したスミスとウェッソンは、後にアメリカ最大の銃器会社S&W社を設立している。
ウィンチェスター・リピーティングアームズ wikipedia 

ジョン・ブローニング

537

ジョン・モーゼス・ブローニング(John Moses Browning, 1855年1月23日 - 1926年11月26日)は、アメリカ合衆国の銃器設計家である。本来、名字Browningの発音は「ブラウニング」に近いが、慣例的にブローニングと表記される。
ジョン・ブローニング wikipedia

特徴


536

アメリカ軍では、以前から警備や食糧調達にショットガンを活用していたが、それまでの単発銃や水平二連銃よりも効果的な連発式のM1897が登場するとすぐに制式化された。補助兵器的な扱いを受けていたショットガンは、第一次世界大戦で白兵戦兵器として極めて有効であると実証された。
同大戦では、敵の塹壕に飛び込んで乱射しまくる制圧火器として、サブマシンガンと並んで優れた効果を発揮したため、M1897は「トレンチガン(塹壕戦銃)」の愛称が付けられた。そのためドイツ軍から恐れられ、ドイツ側から「ショットガン使用はハーグ国際条約に反する」とクレームをつけられるぐらい衝撃的であったのである。 またこのショットガンにはバネヨットラグが付いており銃剣が装着できる。
M1897 ピクシブ百科事典 

ジョン・ブローニング設計によるポンプアクション式散弾銃。同じくブローニングが設計したM1893の問題点を改善させたもので、元がレバーアクション式だった物をポンプアクションに改めたため、後のモデルと異なり、ハンマーが露出しているのが大きな特徴。そのためレシーバーの全長が若干短く、排莢孔のカバーを設けるスペースもないため、中のメカがのぞけるようになっている。
 また、後のイサカ M37の様に、トリガー引きっぱなしでフォアエンドを前後させることで、連続射撃が可能だ。これは、鳥撃ちの際などに、素早い次弾発射を行えるよう与えられた機能で、当時狩猟用としてポピュラーだった水平二連式散弾銃の素早い連続射撃に対抗するためのものだった。
ウィンチェスター M1897 / Winchester Model 1897 【散弾銃】 MEDIAGUN DATABASE


画像

532
531
533
534
535


動画

 Shooting The Winchester 1897 Pump Action Shotgun
  

 Full Auto Shotgun? Slamfiring the Winchester 1897 12gauge!
  


関連商品


 

関連