U.S.M1カービン


512
M1カービン(英語: M1 Carbine)は、1941年にアメリカで開発された小型自動小銃である。代表的な自動式カービンの一つ。

ウィンチェスター社は8月にジョナサン・E・ブローニング(ジョン・ブローニングの兄弟)により作られた設計図を元にデビッド・M・ウィリアムズが変更を加えた試作銃を陸軍に提供、さらに改良を加えた試作銃を9月になって再提出した。 ウィンチェスター社が提出したのは、ロウ付けなどの簡易な製造法で急遽試作して提出したモックアップ同様の試作銃だったにも関わらず選考では注目を集め、ウィンチェスター社が20世紀初頭に小物用狩猟ライフル弾薬として発売した.32ウィンチェスター・セルフローディング弾(英語版)(.32SL)を改造した「.30カービン弾」もまた、注目を集めた。
そして第2回目の銃選考会で優秀な成績を残し、1941年10月22日に制式名称「United States Carbine, Caliber .30, M1」として制式採用され、量産されることとなった。

M1カービンの特徴として、ボルトの閉鎖機構はM1ガーランドと同じく回転ボルト閉鎖を採用していたが、ガス圧でボルトを解放する機構にはショートストロークピストン式(玉突き式)を採用していた(この後、ショートストロークピストンは多くのアサルトライフルの設計に取り入れられ、AR-18G36といったモデルに採用されている)。
U.S.M1カービン wikipedia 

目次
1.ウィンチェスター・リピーティングアームズ
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連商品
6.関連


ウィンチェスター・リピーティングアームズ

522
http://www.winchesterguns.com/


ウィンチェスター・リピーティングアームズ(英:Winchester Repeating Arms)はアメリカ合衆国の銃器メーカー。

1850年代(遅くとも後半)に創設者のオリバー・ウィンチェスターが、経営不振に陥ったボルカニック・リピーティングアームズ社から工場とレバーアクションライフルの製造権を取得して、コネチカット州ニューヘイブンにニューヘイブンアームズ社を設立したのが始まりとされる。「ウィンチェスター」の社名で正式に呼ばれるようになったのは1866年からである。
西部開拓時代から人気が高く、アメリカの狩猟用ライフルやショットガンの名門としてレミントン社などの企業と肩を並べている。中でもM1873レバーアクションライフルはコルトSAAと共に「西部を征服した銃」として有名で、今なお西部劇ファンから親しまれている名銃である。
なお、レバーアクションライフルを発明したのは創始者であるオリバー・ウィンチェスターや、著名な銃器家ジョン・ブローニングだと誤解されることが多いが、実際に連発式のレバーアクション機構を発明したのはボルカニック社のホーレス・スミスとダニエル・ウェッソンであり、彼らが開発したボルカニック連発銃がルーツである。余談であるが、ボルカニック銃を開発したスミスとウェッソンは、後にアメリカ最大の銃器会社S&W社を設立している。
ウィンチェスター・リピーティングアームズ wikipedia 

特徴

521

銃本体と共に開発された.30カービン弾は従来の小銃と比べて威力と射程距離は落ちているが、その分反動は少なく安定した射撃ができるようになった。
最前線の撃ち合いではその威力不足で少々劣勢になる欠点があるが、本来の目的である基地や拠点の警備やジャングル等の入り組んだ場所での近接戦闘、空挺部隊の装備等その小型で軽量なサイズでオートマチック射撃ができることからくる扱いの良さがメリットとなり、第二次世界大戦の多くのアメリカ兵に幅広く愛された。 また、銃身にM8グレネードランチャーを装着し、発射用空砲を使用することでライフルグレネードの発射も可能であった。

第二次世界大戦後も、長い間軍隊や警察に広く使われる名銃になった。
また、民間でも入手できるようになり、犯罪者が銃身とストックを切り落としたものを使ったこともある。

M1ガーランドをカービン化したように見えるが、開発者が違うので関係が無い。
M1カービン ピクシブ百科事典 


画像

513
514
520
515
519
516
517
518


動画

 The M1 Carbine
  

 M1 Carbine at 200 Yards (UNPLANNED VIDEO - LOL)
  


関連商品


 

関連