クリス ベクター


476
クリス ヴェクター(クリス ベクター、KRISS Vector)は、TDI社(現:クリス USA社)とアメリカ軍が開発中の試作型サブマシンガンである。クリス スーパー(Kriss Super)Vという反動吸収システムが採用されている。

アメリカ軍が9mmパラベラム弾の威力に不安を感じ、かつてトンプソン・サブマシンガンイングラムM10で使用され、威力の高い.45ACP弾を使うサブマシンガン開発計画が軍内部で持ち上がった。しかし、.45ACP弾を使う場合、発射時の反動が大きいという問題あった。そこでスイスに本拠をおくTDI社とピカティニー造兵廠が共同開発を行い、そこで誕生したのがクリス スーパーVという反動吸収システムであり、これを組み込んで誕生したのがクリス ヴェクターである。
このメカニズムとはトリガーとマガジンの間に内蔵されているV字型の機構であり、ボルト及びスライダが下へ下がる動きになることによって発砲による反動エネルギーを下方への運動エネルギーに変換する。さらに銃身の軸線(ボアライン)上にグリップ位置を並べることで、反動のベクトルを銃身を跳ね上げる動きから後方へ押す動きに近いものにでき、その結果、従来とは全く異なる反動軽減が可能となり、フルオート射撃のコントロールが容易になるとされている。
他には、アンビタイプのセレクターレバーやピカティニーレール、フォアグリップを標準で備え、アイアンサイトは光学照準器を取り付ける際の邪魔にならないよう考慮されている。マガジンは専用の17発、30発が存在するが、グロック21のマガジンも使える。
クリス ヴェクター wikipedia 

目次
1.マグプル
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



マグプル

361
http://www.magpul.com/ 


マグプル・インダストリーズ・コーポレーション(Magpul Industries Corporation)は、ポリマーを用いた銃器の設計および製造で知られる銃器メーカー。本社はアメリカ合衆国コロラド州エリー(英語版)に所在するが、同社の製品には「Made in Boulder, CO」(「コロラド州ボルダー製」)と刻印されている。社名の「マグプル」(Magpul)は、同社が最初に製造した製品の製品名に基づく。これはアメリカ軍およびNATO軍が使用するSTANAG マガジンに取り付けるゴム製ストラップで、弾倉(magazine)をポーチから素早く引きぬく(Pull)為のアクセサリーだった。
創業以来、主にAR-15小銃およびその派生型を対象としたアクセサリーの設計・製造を行なってきたが、近年では銃器そのものの設計も行なっている。
また、マグプルは既存の銃器を元にプラスチック部品や様々なアクセサリーの提供を行なってきた為、例えば銃器業界紙などで類似の近代化設計がなされた銃器を解説する際にはしばしば社名が引用される。あるいはこれら近代的な設計を指し、鉄と木で作られた「伝統的な」銃器に対してマグプル化(magpulized)されているというような表現が用いられることもある。
マグプル wikipedia

特徴


481


銃本体はMAGPULにより設計。

グリップ部などにマグプル製品の特徴が残っており、グリップ内に収める工具やバッテリーを入れるケースなど、MIADやMOE用オプションの一部の流用が可能。
固定ストックモデルでは[[[AR15>M16]]用のストックを用いたものも登場しており、マグプルのUBRストックを搭載したものもある。

使用弾は.45ACPと.40S&W。
マガジンはグロック21の物が使えるとあって便利となっている。
Gen2では9mmx19モデルも登場。
TDI社がクリスアームズに名を改め、現在のKRISS VECTORという名称になった。

Kriss Super V

通常のクローズドボルト機構は前後移動するボルトが下がりきった際に後方へ向かい反動が生じ、手首を軸に銃身が跳ね上がる方向へと向きが変わる。
この機構では後退した後に下方向へとボルトが稼動し、銃身の跳ね上がりを打ち消すように機関部が稼動する。 更に銃身位置をグリップまで下げることで、手首を軸に銃身が跳ね上がりを抑える事を容易にしている。

バリエーション

Vector CRB .45ACP:セミオートオンリー長銃身の民間向けカービンモデル
Vector SBR .45ACP:クラス3ライセンスが必要な短銃身の民間向けカービンモデル
Vector SDP .45ACP:ストックレス、短銃身モデル
Vector SMG .45ACP:セレクティブファイア搭載のSMGモデル
KWA(KSC) Vector SMG:トレーニングウェポン用エアソフトガン
クリス・ヴェクター ピクシブ百科事典

銃本体は、小火器用ポリマー製アクセサリーで知られるマグプル・インダストリーズによって設計された。現代小火器の定番となったアンビタイプのセレクターレバーやピカティニーレール、フォアグリップを標準で備え、付属のアイアンサイトは光学照準器を取り付ける際の邪魔にならない、フリップアップタイプとなっている。撃発はクローズドボルトで、作動自体はディレード・ブローバック。弾倉は専用の30連マガジンのほか、グロック 21の13連・25連マガジンが使用可能となっている。

 販売・製造は全て現クリスアームズ社が行っており、バリエーションは主に軍や法執行機関向けのSMG、16インチバレルを使用しセミオートオンリーの民間向けCRB(Carbine Rifle Barrel)、同じく民間向けセミオートオンリーでSMGと同じ5.5インチバレルのSBR(Short Barreled Rifle)と、そのストックレスピストルモデルのSDP(Special Duty Pistol)がある。SDP以外のモデルには共通のフォールディング・ストックが装備されるが、CRBモデルでフォールディング及びコラプシブルストックが禁止されている州ではオプションパーツの固定ストックが装備される。

 また、内部機構の「クリス・スーパーV」を用いた異なるカテゴリーの小火器の開発も行われているようだ。

 SMGモデルは「べクター」という名称が与えられたが、内部機構のクリス・スーパーVという名称のほうが、国内外問わずよく知られているようである。ちなみにKRISSとは、インドネシア産の炎のような波刃をもつナイフのことである。
TDI クリス・スーパーV "べクター" / TDI KRISS Super V "Vector" 【短機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

474
475
477
478
479
480


動画

 The Kriss Vector!
  


関連

エアガン

KWA KRISS Vector ガスブローバック サブマシンガン

KWA KRISS Vector ガスブローバック サブマシンガン
価格:50,544円(税込、送料別)