FN FAL


431
FN FAL(フランス語: Fusil Automatique Léger)は、ベルギーのFN社が開発した自動小銃である。アサルトライフルに分類される。
FALはフランス語で「軽量自動小銃」を意味し、輸出向けモデルにはFALの代わりに英訳されたLight Automatic Rifle を略したLARという刻印がある。

第二次世界大戦末期にナチス・ドイツで開発されたStG44の出現後、各国で従来の小銃弾より弱装の弾薬を使用することでライフルにフルオートマチック機能を付与する試みが進められた。ソ連ではAK-47を開発して配備を進めていた。
対する西側諸国、中でもNATO構成国はそれぞれ特徴的なライフルを独自に開発していたが、共通する特徴はそれまでのライフル弾より口径が小さく、連続射撃に適する弱装弾を採用している点であった。ベルギーの大手銃器メーカーであるFN社でもデュードネ・ヨシフ・サイーブ(Dieudonné Joseph Saive)、エルネスト・ヴェルヴィエ(Ernest Vervier)らのチームにより、1947年から弱装弾を用いるフルオート対応の新型自動小銃(のちのFAL)開発に着手していた。
しかしアメリカ合衆国は、自国のM14小銃と共に7.62x51mm弾をNATO軍標準弾薬とするよう要求した。 FN社が開発していたFALは7.92x33mm弾や.280ブリティッシュ弾(英語版)など短小弾の使用を前提に設計が進められていたが、7.62x51mm弾がNATO標準弾に採用された為、これを用いるよう再設計することを余儀なくされた。結果、威力と射程距離は向上したものの、増大した反動によりフルオート射撃時の命中精度は低下してしまった。しかし、セミオート射撃での命中精度は良好であったため、後述のL1A1のようにフルオート射撃機能を取り去ったタイプなども生産され、様々な仕様のFALが各国で制式化された。
折畳み式銃床モデルや短銃身化したカービンモデルも存在するが、全体的に全長が長く、市街地やジャングルでの取り回しに難点があったため、多くの国では短機関銃を合わせて装備することで相互補完を図った。
FN FAL wikipedia 

目次
1.FNハースタル
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



FNハースタル

FN Herstal

FN Herstal (オフィシャル)
 
FNハースタル (FNエルスタル、FN Herstal) は、ベルギーの銃器メーカー。かつては国営で、正式社名はファブリック・ナショナル・デルスタル (Fabrique Nationale d’Herstal) だった。 略称FN社またはFNH。

1889年に設立されたベルギーの銃器メーカーである。かつては国営だったが、経営悪化に伴い1991年からはフランスの防衛グループ企業GIAT(現 ネクスター)傘下、1997年からはコルト傘下である。 FN FALをはじめとする信頼性の高い銃器を製作することで有名であり、数多くの輸出を行っている。また銃弾の開発も行っており、5.56mm NATO弾(SS109)や5.7x28mm弾(SS190)などが実用化されている。かつては二輪車等の生産も行っていた。 
FNハースタル wikipedia

特徴

436

正式名称「Fusil Automatique Légere」。フランス語の名称のため、輸出型ではLAR(Light Automatic Rifle)と表記される。

長所

堅牢な作りをしているため故障は少なかった。
セミオートの命中精度に至っては高く、マークスマンライフルにも使用される。
泥水に強く、ジャングルや湿地帯等には大いに活躍できる。

短所
フルオートには適さない7.62mmNATO弾を使用しているので反動が強く、フルオートの命中精度は低かった。
泥水に強いが砂塵に弱く砂漠や荒野といった地域には適さなかった。
生産性も良くなく値段も少々高かった。

余談
ある凄腕の殺し屋がFALを狙撃目的で使用した場面があるが、FALの調達を頼んだ武器屋の店主の好奇心で不発弾を入れられてしまい、弾の選別も潜り抜けて狙撃を失敗するという非常に珍しい出来事が起こった。 当然、店主はその後消された。
FAL ピクシブ百科事典 

当時ソビエトを盟主とした東側勢力に対抗すべく、アメリカと西ヨーロッパ諸国とで北大西洋条約機構(通称NATO)が結成され、戦時に備えてNATO内で小銃弾を規格化し兵站を効率化させる事に決定した。そして統一弾の選定が始まったが、ここでアメリカが7.62mm×51の採用を声高に主張、そのまま発言力に物を云わせて7.62mm×51をNATO規格に採用してしまう。
 この決定により、開発途中だったFALも統一弾への変更が行われたが、もともと短小弾が前提だったFALには7.62mm×51弾は威力が勝ち過ぎた。そのフルオート射撃は制御できる代物ではなく、単発射撃でしか使えない中途半端な銃になってしまう。結果、FALを採用した諸国も使えない機能があっても仕方ないと、セミオートに限定したFALを発注している。

 こうして、連射銃のアドバンテージを失ったFALだが、セミオート限定ならば優れた性能を発揮した。巧みなレバー配置のおかげで各操作が片手で行え、少々コスト高ながら削り出し加工で製造されたレシーバー(機関部)も耐久性が高く、強力な7.62mm×51の連射でも歪みが出にくいと好評だった。また工具なしで主要部品を分解できるなど、整備性についても抜かりはない。
 当時としては非常にバランスの取れた小銃として、ベルギー、イギリス(L1A1、スコープ付はL1A2)、オーストリア(Stg58)、カナダ、イスラエル、西ドイツ(G1。後にG3へ移行)、アルゼンチン、南アフリカ、ペルーなど多くの国で、5.56mm弾が主流になる1980年代まで主力小銃として運用された。

 かくしてFN社の大成功作となったFALだが、これが後に同社にとってアダとなる。M16以降、世界的に小口径高速弾が主流となる中で、売れっ子FALの上にあぐらをかいていたFN社は完全に流れに乗り損ねたのである。慌ててFALの5.56mm版『CAL』を送り出すものの、耐久性不足などでそっぽを向かれ、続いて開発したFNCも完全にタイミングを逸していた。
 これが響いて、FN社は一時不遇の時代を迎える。FALも元々は低反動の短小弾を念頭に開発されていただけに、何とも皮肉な話だった。
 ところが、近年になって今度は5.56mm弾の射程不足が問題となり、7.62mm弾が見直されるようになると、M14などと共にFALにも再び脚光が当たり始める。かつてイギリスが中東へ大量に持ち込んだため、FAL採用国出身のPMCオペレーターの愛用者も少なくなく、弾薬に左右される数奇な運命は、まだまだ続きそうな気配だ。
FN FAL 【自動小銃】 MEDIAGUN DATABASE  


画像

432
433
434
435


動画

 FN FAL
  

 FN FAL
  


関連

エアガン

 
ARES L1A1 SLR 【FN FALのバリエーション】 AEG

ARES L1A1 SLR 【FN FALのバリエーション】 AEG
価格:50,760円(税込、送料別)