FN FNC


425
FN FNC(Fabrique Nationale Carbine)は、ベルギーのFN社で1976年に完成、生産されていたアサルトライフル。 FN社で開発されたFN CALを改良、生産性を向上したものである。5.56x45mm NATO弾を使用する。

開発経緯
当時のFN社はFALの成功と50ヶ国に及ぶ採用国に満足していたために他国のような小口径ライフルの開発は後手に回っていた。しかし、1960年代アメリカ軍のAR-15アーマライトライフルの登場、新NATO弾の採用で、NATO諸国が次々と小口径ライフルに切り替えたため、FALのシェアを一気に失ってしまう。
当時FN社はFALの単純な5.56mmスケールダウンモデルであるCALを生産していたが、マーケットでの成功は収めていなかった。そのため、新たにNATO諸国で採用されるだけの性能を持つ小口径アサルトライフルの開発に着手した。
こうしてFN社製の新型アサルトライフルは1976年に完成し、アッパーレシーバーはスチール・プレス、ロアレシーバーはアルミ合金の削り出しにして軽量化し、フォールディングストックを標準装備することにより室内や車内での取り回しを容易にした他、三点バースト機能を追加することにより連射時のコントロール性を向上、命中精度も良い。


使用国
ある程度の生産設備を必要とするアルミ合金を使用するために高価なアサルトライフルとなったFNCは、ベルギー軍とインドネシア軍で採用され、スウェーデン軍でライセンス生産(Ak 5)された以外では、イタリア軍警察に一部が導入された程度で、大規模な採用は少ない。 また、競合機種の世代が代わったため、同世代のアサルトライフルとしては第一級の性能を持ちながら、マーケットでの成功に恵まれなかった不遇の銃となってしまった。
現在、FN社は1990年代にコルト社からM16の生産権を獲得したため、FNCの販売は行っていない。
FN FNC wikipedia 

目次
1.FNハースタル
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



FNハースタル

FN Herstal

FN Herstal (オフィシャル)
 
FNハースタル (FNエルスタル、FN Herstal) は、ベルギーの銃器メーカー。かつては国営で、正式社名はファブリック・ナショナル・デルスタル (Fabrique Nationale d’Herstal) だった。 略称FN社またはFNH。

1889年に設立されたベルギーの銃器メーカーである。かつては国営だったが、経営悪化に伴い1991年からはフランスの防衛グループ企業GIAT(現 ネクスター)傘下、1997年からはコルト傘下である。 FN FALをはじめとする信頼性の高い銃器を製作することで有名であり、数多くの輸出を行っている。また銃弾の開発も行っており、5.56mm NATO弾(SS109)や5.7x28mm弾(SS190)などが実用化されている。かつては二輪車等の生産も行っていた。 
FNハースタル wikipedia

特徴

430


FNCは従来と比べ軽量化し、使い勝手もよく、3点バーストもついていて命中精度も良かった。しかし、優れた性能とは裏腹に採用した国は、ベルギーと一部の国に止まった。
値段が高価な部類であることもあり、ベルギーでも空挺部隊など一部に留まっている。
コルト社の経営危機絡みで製造権を獲得したM16の製造を行うようになり、シェアがかぶる本銃は販売が終了することになった。
アサルトライフルとして第一級の性能を持ちながら時代に恵まれなかった不遇の名銃であった。 唯一の成功といえば.223レミントンをベースにFNC用に開発したSS109がNATO標準弾として採用されたことであろう。

FNCの機関部構造は、外観の割りにはかなりAKに似通ったもので、同社の旧モデルであるFALCALとは異なり、ロングストローク・ガスピストンによるガスオペレーションとロータリーロックボルトを採用している。ボルトストップ機能が無く、マガジンの最終弾を撃ち尽くした後にリロードを行った際には、再度コッキングハンドルを引く必要がある点も同様である。とはいえ後発ということもあり、より高度な製造技術によって各部品は構成されている。
 フロントには2ポジションのガスバルブを備え、ライフルグレネード使用時にはガス作動をカットすることが出来る。また、フラッシュハイダー部はライフルグレネードのソケットを兼ね、旧来の歩兵銃のような擲弾用ソケットの着脱を不要としている。
 ストックは折り畳み式のスケルトンストックを標準とし、ソリッドな固定ストックのオプションは無い。グリップはツールコンテナになっており、サイト調整や通常分解用の工具とオイラーを内蔵する。
 コッキングハンドルの通る排莢口後部のクリアランスには、FNC独特のダストカバーが施されており、通常はスプリングによって閉鎖され、ハンドルを操作した時にだけ押し上げられる仕組みとなっている。これとよく似たダストカバーは、同社製のミニミ軽機関銃シリーズにも採用されている。
 フルサイズのライフルと、パラ(空挺)モデルとも呼ばれるカービンの2種があり、フルサイズモデルのみライフルグレネードが使用出来る。後期型ではトリガーガードが大型化された。
FN FNC 【突撃銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

428
426
427
429
 

動画

 FN FNC
  

 FNC
  


関連
エアガン