FN F2000


374
FN F2000は、FN社が2001年に開発したブルパップ方式のアサルトライフルである。5.56x45mm NATO弾(SS109)を使用する。
モジュール式を採用したブルパップ式アサルトライフルで、独自の前方排莢機構を持つ特徴がある。米国のOICW(現時点では、XM29 OICWのみ)の対抗として開発された。将来的に火器統制装置(FCS)を装備する必要性が生じた場合に対応できるように部品(モジュール)を交換することができる。
スタンダード型は上部に1.6倍スコープを搭載しているが、F2000タクティカルは取り外し可能なフロントサイトと折りたたみ可能なリアサイト、ピカティニー・レールを搭載しているために、ダットサイトなども装着が可能。また、操作性に優れたGL1グレネードランチャー(EGLM:Enhanced Grenade Launcher Module、発展型榴弾発射モジュール)を装備することができる。マガジンはSTANAG マガジン。ただし、防塵用のパッキンがついているため、M16と違いマガジンキャッチを押しただけではマガジンは抜けず、マガジンキャッチを押しながらマガジンを引き抜く必要がある。

F2000S
民間用にセミオートのみで、バレルが少し延長されたFS2000がある。F2000スタンダード型に酷似したFS2000スタンダードやF2000タクティカルに酷似したFS2000 ODグリーン・タクティカル・セミオートカービンや光学サイトの代わりにピカティニー・レールが装備され、ハンドガードを取り外した代わりに三面ピカティニー・レールが装備されたFS2000タクティカルブラックがある。

同社製のブルパップ式サブマシンガンP90同様、人間工学に基づいた設計がなされている。銃口付近から前方に排莢が行なわれるため、左利きでも取り回しが容易であるばかりか、状況に応じ左右どちらでも構えることができる。 また、ブルパップ式においてしばしば言及されるレシーバーと射手の顔が近くなる構造が健康を害するという欠点に対しても一定の配慮がなされており、密閉性を高めたレシーバーから発生した作動音と硝煙が前方へ逃げるように設計されている。
また、この方式では、レシーバーから排莢口までの長い通路を通過することで激発直後の熱がある程度冷却された状態で銃の外へ薬莢が排出されることになり、結果として自動小銃を用いた集団戦闘などにおいて懸念される「排莢された熱い空薬莢」が同僚に火傷を負わせたり集中力を削いだりする事態を未然に防ぐことが期待できる。
しかし、この構造では薬室と排莢口が大きく距離を置くこととなり、弾詰まりなどのトラブルに対処しづらくなる。そのため、薬室付近に「インスペクションポート」というハッチを備え、薬室にアクセスしやすくなっている。インスペクションポートを開けると、空薬莢を排莢口に送るためのメカニズムを見ることができる。排莢口には開閉式の蓋がついているが、閉めていても一発撃つだけで空薬莢に蹴られて開くため、射撃するためにわざわざ開ける必要はない。
53

FN F2000 wikipedia 

目次
1.FNハースタル
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



FNハースタル

FN Herstal

FN Herstal (オフィシャル)
 
FNハースタル (FNエルスタル、FN Herstal) は、ベルギーの銃器メーカー。かつては国営で、正式社名はファブリック・ナショナル・デルスタル (Fabrique Nationale d’Herstal) だった。 略称FN社またはFNH。

1889年に設立されたベルギーの銃器メーカーである。かつては国営だったが、経営悪化に伴い1991年からはフランスの防衛グループ企業GIAT(現 ネクスター)傘下、1997年からはコルト傘下である。 FN FAL をはじめとする信頼性の高い銃器を製作することで有名であり、数多くの輸出を行っている。また銃弾の開発も行っており、5.56mm NATO弾(SS109)や5.7x28mm弾(SS190)などが実用化されている。かつては二輪車等の生産も行っていた。 
FNハースタル wikipedia

特徴

FN社が2001年に発表した、ブルパップ式の次世代突撃銃で、米国のOICWの対抗馬とされる。
 IWS(Integrated Weapon System:統合火器システム)の異名を持つ本銃は、その名の通り各パーツをユニット化する事で、メンテナンスや装備の変更が容易かつ迅速に可能。排莢方式もユニークで、空薬莢は従来の薬室右には飛ばさず、チューブを経てハンドガード部まで移動させた後、右前方へと飛ばす。その為、使用者の利き手を選ばず、臨機応変にどちらの手で保持しても使える初のブルパップ式突撃銃となっている。それまでのステアー AUGなどでも、排莢孔を左右スイッチすることは可能だったが、パーツの交換が必要で、「とっさに持ち替えて撃つ」ことは難しかったのだ。
 フォアエンド部には銃同様ユニット化されたアドオンが用意されており、40mmグレネードランチャー(GL1)や散弾銃、LAM、ピカティニーレールなどが無加工で装着可能。本体上面には、小火器としては異例のFCS(Fire Control System:火器統制装置)が装着され、内蔵されたレーザー距離計が、照準器で捉えたターゲットとの距離を自動測定し、GL1発砲の際などに射手に対して適切な発射角度を指示してくれる。

 他方、同世代のXM29と同様、FCSには「本当に実戦で役立つか?」「実戦に対応出来る堅牢さでない」という疑問、批判も少なくない。良環境におけるメディア向けのデモ射撃では良い結果を示すことができても、苛酷な戦場での酷使に耐えられなかったり、動力源であるバッテリーが兵士の重荷となってしまう可能性があるからだ。ただ、FN社もそうした批判を意識してか、他のライフル+グレネードランチャーにも装着可能な、より簡便な汎用型FCSを新たに開発しているようだ。

 また、そうした先進的な試みやスタイルの一方で、意外にも主要な機構や部品には、民生品や既に実績のある『枯れた』技術が多用されており、開発コストを抑えることに成功している。また先進技術を用いていないため輸出制限を受けることもなく、XM29等が未完成の新技術を盛り込みすぎて頓挫したのとは対照的な仕上がりとなっている。
FN F2000 【突撃銃】 MEDIAGUN DATABASE 

おわかりいただけただろうか?まず注目していただきたいのは排莢口、いままでのブルパップライフルはマガジンの真上に排莢口があった。このときもし右隣に味方がいた場合、空薬莢は熱いまま味方に降り注ぐことになる。また、ライフルを左右持ち替えた場合、今度は自分の顔面に熱い薬莢が降り注ぐことになる。

だがしかしF2000の排莢口は前についており、もし隣に味方がいたとしてもマガジンからでた空薬莢はある程度冷却された状態で出てくるためやけどなどを防ぐことができる。つぎに注目していただきたいのはFCS(火器管制スコープ)である。これはFN2000に標準装備されている光学サイトで、射撃する目標までの距離を測ることによって、より精密な射撃を行うことができるという代物である。しかし民間用のFS2000にはFCSは搭載されていないので私たちがF2000として見られるのはFS2000だけである。

実銃以外での話をすると、「お前らF200000さんディスってんの?」や「F2000にグレネードランチャーつけると強いよ!」などという書き込みがよく見られるだろう。実際どのゲームでもF2000はあまり良い扱いを受けていない、だがこの大百科を見てくれたあなたは違うだろう。おそらくF2000が大好きに違いない、実際筆者もどのゲームでもF2000を使っている、大好きだ。そこらへんのS〇ARやUM〇よりも強くそして愛おしい。F2000様最高です一生付いていきます。
F2000 ニコニコ大百科 


画像

375
370
369
373
371
372


動画

 FN F2000 shooting
  


関連