SR-25


327

SR-25は、ナイツアーマメントのユージン・ストーナーによって開発されたセミオート方式のスナイパーライフルである。

SR-25は550mで150mm以下の集弾が可能な狙撃銃として開発された。
AR-10(AR-15、M16)の機構を踏襲しており、作動方式はガス圧式ターンロックボルト、AR-10と同じ7.62x51mm NATO弾を使用する。AR-15/M16のシリーズとは部品の60%を互換しているが、レシーバー、撃鉄、バレルセット、ボルト、およびボルトキャリアーなどがオリジナルパーツとなっている。11.25インチで一回転するライフリングを持つSR-25の銃身はレミントン・アームズによって製造されている。
アメリカ海軍特殊部隊SEALsなどで運用される後述のMk11は24インチ(609mm)のヘビーバレルを装備し、また、銃身はフリーフローティングになっており、ハンドガードはレシーバーの前部とのみ結合しており、銃身に力が掛からない様になっている。このため、0.75MOA(100ヤードで約0.75インチ以下)というセミオートとしては極めて優秀な精度を持つ。
アメリカではサプレッサーを除いた民間人用のモデルもおよそ7,500USドルで発売されている。民間仕様のSR-25は、市販のマッチグレード弾薬を用いて100mで約1インチの集弾(約1MOA)が保証されている。

SR-25にはアイアンサイトが付いておらず(Mk11ライフルシステムではバックアップ用に最初から装備している)、レシーバートップには20mmピカティニー・レールを装備している。そのため、各種光学機器や、場合によってはM16A3の照準付きキャリングハンドルが着脱できる(レールシステムの前端にはフロントサイトが取り付けられる)。
72

SR-25 wikipedia 

目次
1.設計者
2.ナイツアーマメント
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連
 


設計者

132
  ユージン・ストーナー

 
ユージン・ストーナー(Eugene Stoner, 1922年11月22日 - 1997年4月24日)は、アメリカの銃器設計者。

 高校卒業後、航空機会社に就職し航空機用火器の整備を学び、第2次世界大戦中は海兵隊に入隊し太平洋戦線を転戦した。戦後、航空機会社フェアチャイルドの銃器開発部門アーマライトの技術者となり、スポーツライフルの開発を次々と行う。そして1955年に原点とも云うべきAR-10を開発し、その数年後にAR10のミニチュアモデルであるAR-15を開発。これがアメリカ軍にM16の名前で採用された。
その後、AR-15の製造権がコルトに売却された事が原因か、1960年代初頭にアーマーライトを退社。キャデラック・ゲージ社に招かれ、パーツの交換で小銃、機関銃に変化するストーナー63を開発している。その後は、様々な銃器開発会社を転々とした後、晩年は愛弟子のリード・ナイツと共にナイツ・アーマメント社を設立しM16をベースにした銃の設計に携わったが、その完成を見ることもなく1997年に癌でその生涯を閉じた。
ユージン・ストーナー wikipedia 
ナイツアーマメント(Knight's Armament Co.)は、アメリカ合衆国の小火器メーカー・小火器部品メーカーの1つである。M4自動小銃用アクセサリーレール付き銃把(レールハンドガード)においては、世界最大手であり、特に歩兵用銃器や競技用銃器ではブランド力を持つ。創業者はM16などを開発したユージン・ストーナーの愛弟子の、C・リード・ナイトJrである。

主に製造しているのは、5.56mmと7.62mm口径の自動小銃やそのパーツ類である。
「レール・アダプター・システム」(RAS) や「レール・インターフェイス・システム」(RIS) と呼ばれる銃把(ハンドガード)部分にピカティニー規格のアクセサリーレールシステムを追加できる部品で知られる。多種類のレールアクセサリーを簡便に取付けられ、交換や更新も非常に簡単であることから軍や警察関係の装備品に広く採用されている。米軍の「特殊作戦兵装システム」(SOPMOD; Special Operations Peculiar MODification) のM4自動小銃用の標準装備に採用されたのが最大であり、ほぼ全ての米陸軍の歩兵用に購入され膨大な数が流通している。
Knight's Manufacturing Company (KMC) は、ナイツアーマメント社の民間市場向けの販売部門である。
ナイツアーマメント wikipedia 

特徴

SR-25はナイツの高い技術力により、標準仕様で0.75MOA、マッチ仕様で0.5MOAと、セミオートライフルとしては驚異的な精度を持つ。米軍に制式採用された本銃を先駆けとして、以降様々なAR10タイプのライフルが競って作られたが、2012年時点で、いずれの製品も標準仕様で1.5MOAを超える精度には到達していない。

 バレル長の異なる4タイプが存在し、それぞれ「マッチ(競技用)」「LW(Light Weight/軽量)マッチ」「カービン」「スポーター」の名を持つ。中でも「マッチ」は、各種ナイツ製アクセサリーと共に、システムスナイパーウェポンとして軍に納入されているモデルのベースである。
ナイツ SR-25 / Knight's Armament Company SR-25 【自動小銃(狙撃銃)】 MEDIAGUN DATABASE 

AR-10(AR-15のベースになったライフル)の機構を踏襲しており、使用弾は7.62x51mm。AR-15/M16のシリーズとは部品の60%を互換している。
11.25インチで一回転するライフルを持つSR-25の銃身はレミントン・アームズによって製造されている。 海兵隊、SEALsではMk11 Mod0として、アメリカ陸軍では改良型をM110として採用している。 M110採用後はSR-25は民間型の名称となり、M110と同仕様へと変更、海兵隊はMk11のアッパーアセンブリをM110と同仕様のものに交換したものはMk11 Mod1、M110と同仕様のコンプリートモデルはMk11 Mod2として採用している。
0.75MOA(100ヤードで約0.75インチ以下)というセミオートとしては極めて優秀な精度を持つ。

しかし訓練では快調であってもいざイラクなどの砂地の戦場に持っていくと機関部のダストカバーが原因となる動作不良が多く、ダストカバーを閉じないように運用していたという話もある。
共食い整備が行われたり、要求を満たしていない低品質のパーツが混じっていたという問題も起きていた。 後に改良や部品の交換により問題はほぼ解決、大きな問題は起きていない。
SR-25 ピクシブ百科事典 


画像

321
322
323
324
325
326


動画

 Knights Armament's SR-25
  

 SR-25 suppressed
  


関連
エアガン