AR-10


313
AR-10は、ガスオペレーション方式、口径7.62mmの自動小銃である。

ユージン・ストーナーによって開発されたこのAR-10は後にアメリカ軍の制式採用小銃となるM16(AR-10がその始祖である)同様発射ガスの一部を銃身から導入してボルトを作動させる方式を採用しており、直線的な銃床やアルミ合金製のレシーバーさらには強化型グラスファイバーのハンドガードなどを備えている。AR-10は合計でわずか10,000丁ほどしか生産されなかった。
同年代の他の自動小銃と比べ、AR-10の外見は無骨で他にない物だった。1956年にAR-10が発表された当時、この銃は他のあらゆる当時の歩兵装備よりも1kg近く軽量であった。フルオートマチックによる連続発射も非常に行いやすく、セミオートマチックでは精度が高く、当時のどんな個人用火器よりも扱いやすいといっても過言ではない画期的な銃器であった。

デザイン
AR-10の基本構造は当時フェアチャイルドエアクラフトの一部門であったアーマライトの銃工、ユージン・ストーナーによって開発された。AR-10の画期的な特徴は後のM16に踏襲されることになる。
AR-10はほぼ独自の設計ではあるが、一部には当時すでに実績のあった銃器のシステムが取り入れられた。FNハースタルのFAL自動小銃と同様にレシーバーがヒンジで固定されており、アッパーレシーバーとロワーレシーバーがヒンジを介して開くようになっており、メンテナンスがし易くなっている。また、ボルトのロックメカニズムはM1941ジョンソンライフルのものに似ていた。ドイツのFG42に似せて銃床を直線的に作ったことで、肩付けした状態でフルオート射撃した際のマズルジャンプも抑えることができた。フェアチャイルドは現在ではA-10を製造した航空機メーカーとして知られているが、航空機メーカーではプラスチックやアルミニウム、チタン合金の使用は非常にありふれたものであった。一方で銃器メーカーではそれらの素材はほとんど当時は使用されていなかった。
AR-10のボルトの閉鎖機構、ガス圧利用の作動方式は当時としては非常に斬新なロータリーボルトとマイクロ・ロッキング・ラグ閉鎖と、リュングマン式のガス圧作動方式を採用していた。
銃身とほぼ直線的に配置された銃床のために上述の通り、射撃時に安定しているが、頬付けした際に目線が銃身よりも数センチ上に来る。そのため、装弾レバーを覆う形で取り付けられたキャリングハンドルにリアサイトが取り付けられた。
レシーバーは軽量化のためにアルミ合金削りだしで作られている。ボルトはレシーバーにではなく、内部に延長された銃身にロックされるため、レシーバーの軽量化に一役買っている。初期のプロトタイプには当時のアーマライト社長、ジョージ・サリバンの強い指示によりアルミ製銃身やアルミ/スチール合金の銃身が取り付けられたが、後の製品では全てスチール銃身が取り付けられている。ストック、ハンドガード、ピストルグリップはプラスチックとグラスファイバーの混合素材で製造される。
51
AR-10 wikipedia

目次
1.設計者
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



設計者

132
  ユージン・ストーナー

 
ユージン・ストーナー(Eugene Stoner, 1922年11月22日 - 1997年4月24日)は、アメリカの銃器設計者。

 高校卒業後、航空機会社に就職し航空機用火器の整備を学び、第2次世界大戦中は海兵隊に入隊し太平洋戦線を転戦した。戦後、航空機会社フェアチャイルドの銃器開発部門アーマライトの技術者となり、スポーツライフルの開発を次々と行う。そして1955年に原点とも云うべきAR-10を開発し、その数年後にAR10のミニチュアモデルであるAR-15を開発。これがアメリカ軍にM16の名前で採用された。
その後、AR-15の製造権がコルトに売却された事が原因か、1960年代初頭にアーマーライトを退社。キャデラック・ゲージ社に招かれ、パーツの交換で小銃、機関銃に変化するストーナー63を開発している。その後は、様々な銃器開発会社を転々とした後、晩年は愛弟子のリード・ナイツと共にナイツ・アーマメント社を設立しM16をベースにした銃の設計に携わったが、その完成を見ることもなく1997年に癌でその生涯を閉じた。
ユージン・ストーナー wikipedia 

http://world.guns.ru/assault/usa/stoner-63-e.html 


特徴

アーマライトが航空機メーカーの一部門ということもあって、AR10はアルミ合金をはじめとする航空機用の強固かつ軽量な素材がふんだんに取り入れられた。これら素材の採用で極めて軽量に仕上がった一方、射撃の反動はマイルドでフルオートマチック射撃の制御がごく容易だった。同口径のFALのように、制御が困難であるからと後になってフルオートが取り払われるということもなかった。これは当初、より強力な.30-06弾の使用を前提として設計されていたことも大きかったらしい。また、セミオートマチックでの射撃も高精度で良好と、扱いやすく高性能な、非常に優秀なライフルだったようだ。

 AR10は、当時行われていたアメリカ軍のM1ガーランドの後継銃トライアルに提出され、T44E4/T44E5(のちのM14)やFALとその座を競っている。AR10は(当時としては)その先進的過ぎる外観から敬遠された、とも言われるが、実際にテストした陸軍スプリングフィールド国営造兵廠のスタッフらの反応は上々で、評価も他の候補銃より高いものだった。
 しかし、耐久テストで、アルミとスチールで作られた複合素材バレルが酷使に耐え切れず破断してしまい、採用を逃すこととなった。ストーナー自身は強く反対していたものの、当時のアーマライト社長ジョージ・サリバンの指示によって当のバレルを有したモデルが提出された結果だった。以降の製造モデルでは通常のスチール製バレルとなっている。

   実はAR10は、大きく二種に分けられる。M16の原型となったAR10と、逆にM16をもとに大口径化したAR10である。外観・構造上の最も大きな差異はチャージングハンドルで、元祖AR10はレシーバー上部のキャリングハンドル内に覆われる形でハンドルが配置されていた。機構こそ同様のリュングマン方式ではあるが、言ってみれば、元祖AR10と後者は別物である。
 さらに後者は、AR15が完成した直後に作られたAR15ベースの「AR10a」と、フェアチャイルドアーマライトが買収された後に「アーマライトInc」となってから作られたM16A2(AR15A2)ベースの「AR10B」の二種が存在する。
 AR10aはさっぱり受けなかったものの、1995年に開発されたAR10Bはさまざまなバリエーションが展開され、一定のシェアを築いている。
アーマライト AR10 / Armalite AR10 【自動小銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

315
314
316
317
319
320


動画

 Prototype full auto AR-10 from 1957! (Unicorn Guns with Jerry Miculek)
  

 AR 10 Suppressed
  

 ARMALITE AR-10
  


関連