ストーナー63


275
ストーナー63(Stoner 63)、あるいはM63、XM22、XM23、 XM207、Mk23 Mod 0機関銃(Mk 23 Mod 0 machine gun)とは、ユージン・ストーナーが1960年代初頭に設計した銃器である。製造は主にキャデラック・ゲージ社(Cadillac Gage)によって行われた。ベトナム戦争期、アメリカ海兵隊およびNavy SEALsが限定的に採用・使用した他、少数が法執行機関に売却された。

AR-15(制式名:M16)やAR-10など多くの軍用小火器の開発に責任者として携わっていたことで知られるユージン・ストーナー技師は、アーマライト退社後まもなくして、共通の機関部に各種の交換可能なコンポーネントを取り付ける事で構成される銃器のコンセプトを考案した。このコンセプトの元に開発された銃器は、いくつかの部品を交換するだけで歩兵銃、カービン、機関銃などそれぞれの火器の役割を果たせるものとされた。 ストーナーはカリフォルニア州コスタメサにあるキャデラック・ゲージ社西海岸工場に勤務していたハワード・カーソンの助けを得て、同社社長ラッセル・ベイカーに対し自らの考案した新しい火器システムの実現性や商業的可能性について語った。これに感銘を受けたラッセルは、すぐにストーナーを雇用し、またコスタメサにて同社の小火器開発部門を設立したのである。新型銃器の開発にあたり、ストーナーは古巣のアーマライト社からロバート・フレモントとジェームズ・L・サリバンの2名を引きぬいた。なお、サリバンはのちにウルティマックス100機関銃の設計に携わる人物である。
最初の試作型は、7.62x51mm NATO弾を使用する銃器として1962年に完成し、ストーナーM69W(Stoner M69W)と名付けられた。M69Wという名称は逆さにしても全く同じように読めるが、これはストーナーが考案した可逆形機関部の構想を象徴した命名であったとされる。続く設計案は単にストーナー62(Stoner 62)と呼ばれるもので、より大量生産を意図した設計になっていた。しかし、まもなくして設計チームでは陸軍で新採用となったM193弾(.223レミントン弾)を使用する設計への転換を決定する。この弾丸は、かつてストーナーがAR-15の開発の折に使用した銃弾であった。小口径転換後の設計はストーナー63(Stoner 63)と呼ばれた。
1963年2月、最初のストーナー63が製造される。以後、1964年にコスタメサの工場がミシガン州ウォーレンに移設されるまで、合計234丁のストーナー63が製造された。工場移設後、従来は木製だった銃床や銃把にポリカーボネイト・プラスチックが使用されるようになる。ストーナー63の設計はアメリカ合衆国特許第3,198,076号の元で保護された。
ストーナー63 wikipedia 

目次
1.設計者
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



設計者

132
  ユージン・ストーナー

 
ユージン・ストーナー(Eugene Stoner, 1922年11月22日 - 1997年4月24日)は、アメリカの銃器設計者。

 高校卒業後、航空機会社に就職し航空機用火器の整備を学び、第2次世界大戦中は海兵隊に入隊し太平洋戦線を転戦した。戦後、航空機会社フェアチャイルドの銃器開発部門アーマライトの技術者となり、スポーツライフルの開発を次々と行う。そして1955年に原点とも云うべきAR-10を開発し、その数年後にAR10のミニチュアモデルであるAR-15を開発。これがアメリカ軍にM16の名前で採用された。
その後、AR-15の製造権がコルトに売却された事が原因か、1960年代初頭にアーマーライトを退社。キャデラック・ゲージ社に招かれ、パーツの交換で小銃、機関銃に変化するストーナー63を開発している。その後は、様々な銃器開発会社を転々とした後、晩年は愛弟子のリード・ナイツと共にナイツ・アーマメント社を設立しM16をベースにした銃の設計に携わったが、その完成を見ることもなく1997年に癌でその生涯を閉じた。
ユージン・ストーナー wikipedia 

http://world.guns.ru/assault/usa/stoner-63-e.html 


特徴

システムは画期的だったのだが、機関銃として使用すると強度に不安がある、強度を増すとライフルとしては重くなりすぎると、万能なるが故の「帯に短し、襷に長し」といったジレンマも抱え込むことになった。
 また、折り悪くアメリカはベトナム戦争の真っ最中。新しい武器を投入して現場を混乱させるよりは、現行のM16A1をもっと普及させる決定が下された直後だった事もあり、陸軍と海兵隊は本銃の採用を見送った。しかし兵が少なく小回りが利いた海軍は本銃に注目し、試験的ながらマシンガンタイプ(XM207の改良型)をMk23の名称で採用。部品の交換で多彩な任務に対応できることから、海軍特殊部隊SEALがこれを使用して有名になった。
 しかし大量発注には遂に至らず、結局トータル3,500~4,000挺生産されたのみで1971年に生産中止となった。

 なお、1990年代にはアメリカのロビンソン・アーマメント・カンパニー(Robinson Armament Company)から、M63の復刻版である「M96」が生産されていた。銃身とガスシステムを交換してカービンとしたり、オリジナル同様にアッパーアセンブリの天地をひっくり返して組み直すことで、ブレン・コンフィギュレーションと呼ばれるトップフィード・ライフルに変換したりと、限定的ながらモジュラー構造による変身システムを継承していた。
 しかし、あくまで民間向けライフルであったため、セミオートオンリー、ベルト給弾不可。外観こそそっくりであったものの、内部構造が異なるため、バットストック以外にオリジナルとの部品の互換性が無いなど、復刻版というには不満の残る製品だった。そのためか、製造期間は短かった。
キャデラック・ゲージ ストーナーM63 / Cadillac Gage Stoner 63 【突撃銃・汎用機関銃】 MEDIAGUN DATABASE

バリエーション

M63はコンポーネントの組み合わせにより15種類の派生型が存在したが、各組み合わせごとの部品共通性は限られていた。主なものではカービン型、突撃銃型、軽機関銃型などの組み合わせが存在した。ガスシステムは組み合わせにより異なる箇所に取り付けられた。この汎用性が仇となり、カービン型および突撃銃型は、同種の火器と比較するとやや重量があった。

ストーナー63/63Aライフル

標準のアサルトライフル。30発箱型弾倉を使用する。排莢口は右側面にあり、コッキングハンドルおよびガスシステムは銃身上部に設置されていた。ベルト給弾式の組み合わせの場合と異なり、クローズドボルトの状態から発射する。1967年、海兵隊により短期間の試験運用が行われた。後に被筒下に折畳式の二脚が設けられた。

ストーナー63/63Aカービン

カービンタイプ。基本的な構成はライフルと同様だが、折畳式銃床と短銃身を備えていた。1967年、海兵隊により短期間の試験運用が行われた。

ストーナー63/63Aオートマチックライフル

ライトマシンガンタイプの1つ。30発箱型弾倉を上部から装填し、またオープンボルトの状態から発射する。照準器は左型に寄せられている。フルオート射撃のみ。1967年、海兵隊により短期間の試験運用が行われた。

ストーナー63/63Aライトマシンガン

ライトマシンガンタイプの1つで本銃の中ではポピュラーなタイプ。75発、100発、150発のいずれかのリンク式弾帯を収めたドラム型弾倉を用い、右側面から装填する。オープンボルトの状態から発射される。機関部はライフルと同一だが反転されており、排莢口は左側面になる。交換可能な銃身を用いているほか、機関部は反転されている為にガスシリンダは銃身下部に位置している。Navy SEALsが東南アジアでの軍事作戦において運用した。

ストーナー63/63Aミディアムマシンガン

ライトマシンガンタイプの1つ。基本的な構成はライトマシンガンと同様だが、M2三脚(英語版)やM122三脚(英語版)などを取り付ける為のアタッチメントが設けられている。

ストーナー63/63Aフィクスドマシンガン

ライトマシンガンタイプの1つ。基本的な構成はライトマシンガンと同様だが、照星、照門、被筒、握把が除去されている。引き金は24Vソレノイドにより遠隔操作される。コマンドウ装甲車の車載機関銃として提案されたが不採用になった。

ストーナー63/63Aコマンドー

ライトマシンガンの構成を元にした派生型。機関部下部に100発弾帯入弾倉を取り付け、装填は右側面から行う。操作しやすいように、コッキングハンドルは被筒下部に設置されている。重量を抑える為、他の軽機関銃型が備える交換可能な銃身を用いていない。ベトナム戦争中、Navy SEALsが少数を運用した。MGSシリーズに登場するのはこのタイプである。

ストーナー63サバイバルライフル

サバイバルライフル型(航空機にサバイバルギアの一部として搭載する小銃)。コルト・コマンドーを原型とするコルトM608サバイバルライフルに対抗する形で1964年に設計された。基本的な構成はライフルと同様だったが、アメリカ空軍が定めるサバイバルライフルの設計制限にあわせて改良が加えられている。具体的には握把を切り詰め、被筒を除去し、銃身や機関部も短縮、さらにコッキングハンドルは上部に移されていた。サバイバルライフルには63A型が存在しない。1丁のみが施策され、現在まで保管されている
M63 ピクシブ百科事典 


画像

274
276
277
278
279


動画

 Stoner 63 Full Auto LMG/ Assault Rifle! | Unicorn Guns with Jerry Miculek
  

 Texas Gun Trust: Stoner 63a Machine Gun
  


関連