H&K UMP


258
H&K UMPは、ドイツのH&K社が開発した短機関銃。 UMPとは、汎用短機関銃を意味するUniversale Maschinenpistoleの略称である。

H&K UMPは、H&K MP5に代わる次世代サブマシンガンとして、同社が試作したSMG Iと、その発展型のMP2000をベースに開発された。
両者の開発の始まった1980年代後半、高価なMP5は、需要先として見込んでいた予算の潤沢な先進国の軍、警察機関にある程度行き届いていた時期だった。
そこでSMG IおよびMP2000は、予算が限られてMP5に手の出せない発展途上国向けの安価なサブマシンガンとして開発された。
しかし、H&K社の予想に反して、発展途上国に対しても高価なMP5のセールスは好調だった。そのため、クローズド・ボルト形式により高い命中精度を持つ9x19mm弾薬のサブマシンガンという似通った特徴を持つ商品が、一つの会社に2種類も存在する状況は販売戦略の混乱を招くうえに、ローラー・ロッキング機構を省いたことで『廉価版MP5』と顧客に受け止められかねないと判断したため、MP2000は量産中止に追い込まれてしまった。
しかし、9x19mm弾薬の威力に不満を持っていたアメリカ軍特殊部隊から、より大型の.45ACP弾を使う新型サブマシンガンの開発を要請されたH&K社は、MP2000を基に開発を進め、スチール板のプレス加工をプラスチック成型に変更したH&K UMP45を完成させた。
同じ様にプラスチックを多用したH&K G36をスケールダウンしたかのようなデザインだが、上記の様にH&K G3に対するMP5のような位置づけではなく、コッキングレバーの位置と操作手順はMP5に近いものが採られている。ハンドガード右側と下部、そして前後照準器間にピカティニー・レールを取り付けることができるため、MP5よりも優れた拡張性を有する。
H&K UMPの主な販売先は米国であるため、MP5シリーズには存在しなかった.45ACP弾仕様のUMP45が用意され、ボルトストップとピストルグリップはM16風のものが採用されている。また、UMP45以外に9mmパラベラム弾仕様のUMP9や.40S&W弾仕様のUMP40も存在するほか、セミオートのみの民間バージョンUSCが存在する。
また、低腔圧な.45ACP弾をバリエーションに含むため、G3シリーズやMP5シリーズで用いられていたローラー遅延式ブローバックではなく、シンプル・ブローバック方式となっている。
材質にポリマーを用いており、同クラスの短機関銃よりも軽量化に成功している。また、ポリマーは水上における作戦でも錆びを気にする必要が無いという利点もある。
66

H&K UMP wikipedia 

目次
1.H&K社(ヘッケラー&コッホ)
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



H&K社(ヘッケラー&コッホ)
H&K

http://www.heckler-koch.com/en.html
ヘッケラー&コッホ(独:Heckler & Koch GmbH、ヘックラー・ウント・コッホ・ゲーエムベーハー)社は、ドイツの銃器メーカーである。本社はドイツ南部のバーデン=ヴュルテンベルク州のオベルンドルフ (Oberndorf am Neckar) にある。また、アメリカ国内に子会社を持っている。本項ではH&K社と略記する。 USP(自動拳銃)、MP5(短機関銃)、MP7(個人防衛火器)、PSG-1(高精度狙撃銃)、G3およびG36(自動小銃)などを製造している。

H&K は、1949年にドイツの歴史ある銃器メーカーのモーゼル社を退職した3名の技術者、エドムント・ヘックラー(ドイツ語版)とテオドール・コッホ(ドイツ語版)、アレクス・ザイデル(ドイツ語版)が、1950年に設立した。設立当初は、ミシンやその他の精密機器を製造していた。しかし、1956年にドイツ連邦軍が創設されると、軍用火器を製造する方針に切り替えた。Keine Kompromisse!(妥協しない)をスローガンに活動している。
1991年、H&K はブリティッシュ・エアロスペースの一部門であるロイヤル・オードナンスに買収された。ブリティッシュ・エアロスペースの傘下で、SA80の改修と改良に貢献した。その後、ブリティッシュ・エアロスペースは1999年にBAEシステムズに変革し、H&Kの部門は2002年に宇宙航空用途のためにドイツに作られたグループ企業 (H&K Beteiligungs GmbH) へ再び売却された。 2009年、ドイツの有名銃器メーカー「ハーネル」を買収した。
ヘッケラー&コッホ wikipedia

特徴

駆動方式は耐久性に優れるストレートブローバック方式で、MP2000の段階ではスチール製だったフレームをプラスチックに変更し大幅に軽量化されている。MP5と比べて約1キロも軽い。全長も僅かながら短く銃床も折畳式である。

 .45口径を使用出来る前提で開発されたがMP5と同じ口径のモデル、9mmパラベラム弾、.40S&W仕様もリリースした。これらはUMP9、UMP40と呼ばれており、45口径モデルは25発、それ以外は30発入りマガジンを用いる。セミオートオンリーの民間向けも販売されている。

 G36のSMG版だと勘違いされることもあるが、動作方式は全く別物である。
 (UMP→ストレートブローバック G36→ガス利用方式)

 操作性に関してだがストックはG36と共通、それ以外はMP5と共通であるが、ボルトストップやピストルグリップがM16と酷似しておりアメリカを意識した設計になっている。というより既存の銃の長所を組み合わせ、取り回しの良さと開発費の抑制の両立を意図したのかもしれない。

 MP5では省略されたボルトストップが付けられ、レイルシステムも標準装備で拡張性も高い。後発の良さを存分の発揮し性能、コストなどの総合的にはMP5を上回っていると考えられるが、売れ行きはH&Kが期待した程ではなかった。理由に関してはいくつか考えられるとすれば…

MP5の廉価版として開発された経緯があるので、特に人質を避けての精密射撃を求める警察が忌避した。 H&KがMP5とのはっきりとした差別化をしなかった為、訴求性に不足した。PDW程の差別化が出来なかった。 MP5で威力が不足するなら、5.56mmカービンの短縮形を安価に調達すればよい(M4コマンドー等)。  以上の理由は多分に推測が入っているが、UMPがSMGの主流になることは当分ないと思われる (´・ω・)カワイソス

 しかしけして悪い銃ではないので、アメリカを初めとする様々な軍、警察で少しずつ、じみ~~~~~に採用を増やしている。軽量で取り回しが良く、ポリマーフレームで防錆性が高いことから、海上警察組織などでの採用事案もそれなりに存在する。これからもMP5の影で、地味だが欠かせない存在として活躍することだろう。
H&K UMP ニコニコ大百科 

 最大の特徴は材質にポリマーを用いた軽量化で、同クラスの短機関銃と比べてずば抜けた軽さを誇る。加えてポリマーは錆びを気にする必要が無く、潜水・上陸後すぐに射撃可能と、特殊部隊での使用を大いに意識した設計になっている。フォアエンドやレシーバー上にはボルト留めのマウントレールを採用し、各種光学照準器やタクティカルライト、フォアグリップ等の多数のアクセサリを装着可能として、汎用の名が示す通りのさまざまな用途・状況に対応可能なモデルとしている。

 MP5と比べると、約半分の製造コストなため安価に調達が可能。外観も一見、別物に見えるが、操作方法・手順は同一であり、MP5に親しんだ現場でもなじみやすい作りになっている。
 また、MP5には無い.45ACPモデルをメインに据えている。これは米国市場が好む口径であるというだけでなく、9mm口径の威力不足が目立ち始めたからでもある。更に.45ACPは、高威力ながら弾速が亜音速と遅いため、サプレッサー装備での効果が高く、作戦の幅が広がる利点もある。

   一方、「簡易狙撃銃」と云われるMP5ほどの命中精度を有した銃ではないため、UMPはあくまでオーソドックスな短機関銃として、MP5とは市場を棲み分けている。

 民間向けのUSCというモデルも存在する。こちらは「Universal Self-loading Carbine」の略で、.45ACPモデルのみ。
 セミオートオンリーで装弾数は10発、バレルはアメリカの法律上「ライフル」として規制を通過するために延長され、ストックも固定式で専用のものが使用されている。

 UMPは本国ドイツの国境警備隊の精鋭部隊GSG9をはじめ、KP-SWAT(韓国国家警察特攻隊)、タイ王国RTN-SEALs(王立海軍特戦隊)、アメリカ合衆国税関・国境警備局などに配備されている。またアメリカでは外見はUMPだが内部はMP5というカスタムメイドのモデルも存在している。
H&K UMP 【短機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

252
254
253
255
256
257

MP2000
65
66



動画

 HK UMP 40
  

 hidenobu1964実弾射撃 H&K UMP .45ACP a whole mag at once
  


関連

エアガン