H&K G11


214
 
H&K G11(Gewehr 11 (elf) :11号小銃 の意)は、ドイツの銃器メーカー、H&K社によって開発された無薬莢弾(ケースレス弾)を用いた自動小銃である。

1970年代にG3に代わる次世代の自動小銃を求めた西ドイツの要求を満たすため、H&K社が銃の設計を、ダイナマイト・ノーベル社が弾薬の開発を受け持ち開発が進められた。ケースレス弾は様々な口径のものが試作されたが、最終的に1981-1986年にかけて開発された4.73mm×33 DM11が採用された。
しかし、G11は汎用性のなさ、冷戦終結に伴う予算削減により少数が配備されたにとどまり、ドイツ再統一後のドイツ連邦軍ではG3の後継としてG36が採用された。
また、G11はアメリカ合衆国のACR(アドバンスドコンバットライフル)プロジェクトの候補となっていたが、こちらでも採用には至らなかった。
H&K G11 wikipedia 

目次
1.H&K社(ヘッケラー&コッホ)
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



H&K社(ヘッケラー&コッホ)
H&K

ヘッケラー&コッホ(独:Heckler & Koch GmbH、ヘックラー・ウント・コッホ・ゲーエムベーハー)社は、ドイツの銃器メーカーである。本社はドイツ南部のバーデン=ヴュルテンベルク州のオベルンドルフ (Oberndorf am Neckar) にある。また、アメリカ国内に子会社を持っている。本項ではH&K社と略記する。 USP(自動拳銃)、MP5(短機関銃)、MP7(個人防衛火器)、PSG-1(高精度狙撃銃)、G3およびG36(自動小銃)などを製造している。

H&K は、1949年にドイツの歴史ある銃器メーカーのモーゼル社を退職した3名の技術者、エドムント・ヘックラー(ドイツ語版)とテオドール・コッホ(ドイツ語版)、アレクス・ザイデル(ドイツ語版)が、1950年に設立した。設立当初は、ミシンやその他の精密機器を製造していた。しかし、1956年にドイツ連邦軍が創設されると、軍用火器を製造する方針に切り替えた。Keine Kompromisse!(妥協しない)をスローガンに活動している。
1991年、H&K はブリティッシュ・エアロスペースの一部門であるロイヤル・オードナンスに買収された。ブリティッシュ・エアロスペースの傘下で、SA80の改修と改良に貢献した。その後、ブリティッシュ・エアロスペースは1999年にBAEシステムズに変革し、H&Kの部門は2002年に宇宙航空用途のためにドイツに作られたグループ企業 (H&K Beteiligungs GmbH) へ再び売却された。 2009年、ドイツの有名銃器メーカー「ハーネル」を買収した。
ヘッケラー&コッホ wikipedia
本銃の最大の特徴は、ダイナマイト・ノーベル社が開発した「ケースレス弾」を使用することである。従来の銃弾が「弾丸+発射薬+薬莢」で構成されているのに対し、ケースレス弾は圧縮した固形火薬が薬莢を兼ねており、「弾丸+発射薬」となっている。当時、戦車砲では発射後に薬莢が残らない、ケースレスもしくは可燃性薬莢の砲弾が実用化されつつあり、このアイデアを小銃弾に持ち込んだともいえる(戦車砲の場合、狭い車内に薬莢が散らばらないため、ケースレス弾のメリットは大きい)。

 これにより、同じ重量でも携行できる弾数が大幅に増加し、弾薬の形も自由に設計できることから、円筒状でない四角形の断面をもつ弾薬をも設計でき、弾薬の製造に真鍮を使用する必要が無い為、コストダウンも図る事も可能とされた。また、この弾薬は射撃時に薬莢をばらまく事がないという特性上、排出した薬莢による火傷や転倒を防ぎ、かつブルパップタイプでありながら射手の利き腕を選ばないというメリットも生み出している。さらに、排莢のプロセスと機構をそっくり省略できるため、理論上は毎分2千発という高発射速により、反動に銃身がぶれる前にバースト射撃ができたりと、正に驚異のライフルとなるはずだった。
 しかし実際に使用してみると通常弾よりコストが高い、火薬が剥き出しなので湿気に弱い、弾薬外面は特殊な素材でコーティングされていたが、それでも射撃を行うと薬室が低温のままでも装填直後に発火する危険性がある、弾倉が異様に長いため携行に向かない――と酷評された。これらの問題の解消を試みたモデルが作られ、アメリカのACR計画にも提出されたが、問題は依然多いと判断され他のアドバンスドライフル同様採用には至っていない。

 西ドイツ陸軍はG3の後継として本銃の完成を待ち望んでいたが、あまりの使い勝手の悪さと、冷戦終結や東西ドイツの統一による予算削減のあおりを受けたため、一部の部隊に配備されたのみにとどまり、その他の部隊は代用品として急遽開発されたG36へと更新している。また、4.7mm×33ケースレス弾も普及する気配を見せず、弾道力学の研究データだけがMP7の4.6mm×30弾へと受け継がれている。
 ちなみに、H&K社はケースレス弾薬を使用したピストルモデルの「G11PDW」というプロトタイプも製作していた。
H&K G11 【突撃銃】 MEDIAGUN DATABASE 

結局当時の技術では、てか多分今の技術でも薬莢は必要なのである。
まず、射撃による熱の問題。
通常の弾薬なら薬莢で熱が遮断され、逃がされる為に相当無茶な撃ち方をしなければ熱問題に因る暴発などは起きない。
しかしこの銃の場合装薬がむき出しで、しかも弾倉の配置が銃身上であり熱の影響を受けやすく、暴発の危険性が高かったようだ。
そして、保存問題である。
弾薬はデリケートなもので、例えば通常の薬莢式の物でも、保管の際は密閉された箱や缶詰等の湿気を遮断できる状態で、ある程度の空調、最低でも日陰で風通しの良い場所で保管しなければならない。 それを装薬むき出しにしているのだから耐侯性はよいと言えるものではなく、弾込めクリップを兼ねた密閉の専用ケースでの保管であったとはいえ、前線に出たら通常の銃と変わらない弾倉で弾を持ち運ばねばならず、軍務に耐える動作確実性を得る事はできなかったようである。
更に、期待されていた生産性も良いとは言えず、本格量産前とは言え1マガジンの弾薬コストが約5万円と言う価格となってしまい、結局この計画自体中止された。

いらないと思った物を無くしたら、自分自身がいらない子になったG11なのであった。
必要になるケース(事例)がレスだったんやなwww(渾身のギャグ)

しかし、ケースレスは完全に捨てられた訳ではなく、21世紀にもMR-Cと呼ばれるケースレス弾を使用するアサルトライフルが開発されたようだ。もちろんG11と同じ問題で消えたが(ケースレス弾的な意味で)。
また、この4.73mm弾を転用したのがMP7用の4.6mm弾とされており、研究自体は実があったようである。
G11 ニコニコ大百科 

220

薬莢を使用しない他に、軽量で材料費の安いポリマーフレーム、連射速度は毎分2000発と極めて高いという特徴も持っていた・・・・・・だが、

それら上回る欠点が多々あった欠陥銃であった。

  • そもそも、薬莢には保管・運搬時に衝撃や湿気、熱から火薬を守る役割があったが、
 ・火薬を押し固めただけの弾体はもろく、四角柱状に成形した弾丸をシングルカラム式で積み上げるしかなく、45発装弾のマガジンは長く携帯に不便
 ・さらに放熱の役割もある排莢口が閉鎖したままのため機関部に熱がこもり、薬室に装填された弾が勝手に発火するようになる
 ・一応湿気・熱対策のコーティングはしてあったが焼け石に水であった
  • 薬莢を使用しない分、軽量化とコスト削減を期待したが、何もかもが新規の技術のため生産性がなく逆にコスト高を招いた
  • 銃身と交差する向きでマガジン内に収めた弾を装填するために、薬室が回転する機構を設けたが、結果構造が複雑化
  • 高レートの連射速度によって反動の影響を減らし、単発の精度ではなくバーストによる命中率を上げるコンセプトであったが、機関部全体とマガジンも後退するため高反動すぎた。
G11 ピクシブ百科事典


画像

216
217
215
218
219


動画

 H&K G11
  

 Heckler & Koch G11 Assault Rifle
  

 迷銃で撃て! H&K G11
  


関連