バレットM82


192
 
バレット M82(Barrett M82)は、バレット・ファイアーアームズ社が開発した大型セミオート式狙撃銃である。

バレット・ファイアーアームズ社が開発・製造している大型の狙撃銃である。軍事目的で開発されたため、兵士が一人で運用できる重量や操作性と火力の両立を目指している。ヘリコプターや装甲車などにも損傷を与えられるよう、ブローニングM2重機関銃などで使われている 12.7mm弾を使用する。焼夷弾と徹甲弾の他、炸裂弾の効果を併せ持つRaufoss Mk 211も使用される。

弾道直進性が高い12.7mm弾は、小銃や狙撃銃の弾丸として使用されている7.62mm弾と比較して、弾丸自体が長距離射撃の際に空気抵抗や横風などの影響を受けにくく速度低下が少ない。実際、ベトナム戦争中のカルロス・ハスコックやフォークランド紛争でのアルゼンチン軍の例(共にブローニングM2にスコープを乗せて単発射撃で遠距離狙撃に使った)があり、これが対物ライフル開発の契機ともなった。原型のM82は1982年に開発され、1986年には改良型のM82A1が開発された。1987年にはブルパップ型の先行試作モデルで、携帯式SAMのように肩に担いで攻撃ヘリコプターの迎撃に使われるM82A2が開発されたが、これは後に生産中止となった。M82A1をさらに改良したM82A3もある。加えて、M95やM99など様々な派生型も開発された。

過去に対戦車用として同口径の弾薬を使用するライフルがあったため、対戦車ライフルと表現されることもあるが、現在配備されているような戦車の装甲を貫くことはできず、陣地・トラックや多目的車を標的とした対物ライフル(アンチ・マテリアル・ライフル)に分類される。
バレットM82 wikipedia 

目次
1.バレット・ファイアーアームズ
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



バレット・ファイアーアームズ

199
 http://www.barrett.net/ 

 
バレット・ファイアーアームズ(英: Barrett Firearms)は、ロニー・バレット(英: Ronnie Barrett)によって1980年に創設されたアメリカの銃器メーカーである。主力商品はM82A1アンチ・マテリアル・ライフル(対物狙撃銃)である。

歴史

バレットはM82を1982年に開発したが、1989年にスウェーデン軍に納入するまで大きな販売契約を取り付けることができなかった。この後、高い破壊力と射程距離がアメリカ軍の大きな注目を引き、湾岸戦争に投入された。現在ではM82はアメリカを始めとして世界40カ国以上で運用されている。
M82A1の成功により、バレット・ファイアーアームズはM95、M99そしてM99-1といった.50口径ライフルを次々と開発していった。これらの派生型の作動方式はボルトアクションであり、セミオートで発射することができないが、M82と比べて民間人や政府機関にとっては手の出しやすい値段であった。
バレット・ファイアーアームズは現在2つの大きなプロジェクトを抱えている。一つ目が、6.8mmレミントンSPC弾を使用するAR-15/M16/M4用のM468(REC7)アッパーレシーバー(銃身と遊底のセット)の開発製造である。この6.8mm弾は現在アメリカ軍を始めとした西側各国で使用されている5.56mm NATO弾よりも破壊力のある弾であり、特殊部隊による試験運用においてその威力が評価されている。二つ目がXM109と呼ばれる大口径狙撃銃である。これはバレットM82の12.7x99mm NATO弾を遥かに超えた破壊力を持つ25x59Bmm NATO弾を使用するモデルであり、これも特殊部隊に一部先行導入されている。M82と違い成形炸薬弾が使用可能で、一部の主力戦車でも主装甲以外なら貫通可能となっている。
バレットはまた弾丸の新規開発も行っており、米国で規制の厳しくなった.50BMG弾に変わって同弾を小型化した.416バレット弾を開発した。
バレット・ファイアーアームズ wikipedia 

特徴

200

弾薬にはM2の12.7mm×99BMGと同規格ながら狙撃専用に再設計されたものを用い、肉厚高精度な銃身を組み合わせることで2Kmに迫る有効射程と一撃必殺の威力を獲ている。また、13kgという破格の重量と大型のマズルブレーキ、極めて低速で動作するショートリコイル機構によりある程度反動は押さえ込まれる為、セミオート射撃による継続的制圧力も持つ。

弱点はその重さと図体の大きさにより狙撃銃としては持ち運びしにくく、弾薬から出る大量のガスで銃口から巻き上がる砂埃や閃光(マズルフラッシュ)が大きく射撃位置がバレやすいのが挙げられる。

後に、複数の派生モデルが生まれた。
バレットM82 ニコニコ大百科

 対装甲車を目的とした個人運用可能な対物ライフルとしてロニー・バレットが設計し、1982年にバレット社から発売された.50口径セミオートライフル。重機関銃弾である.50BMG弾を使用し、コンクリート製の壁を障子紙の如く貫く威力を持つ。
 発砲時には銃身が後座するショートリコイルで作動する。これはガスシステムを必要としないため軽量化に繋がるほか、反動を分散する効果もある。特徴的な大型マズルブレーキも反動軽減に高い効果があり、この2つにより反動は立射可能なほど軽減されている。しかし一方で、マズルブレーキから噴射する発射煙が射手を覆うほど大量に発生してしまい、連続発射が難しいという短所もある。また、バレルは素早く取り外して銃を2つに分解出来るようになっており、携行性も高い。使用弾薬.50BMGはほぼ全てのNATO加盟国で使用されているM2重機関銃と同じであるため、他の狙撃銃と異なり専用の弾薬が必要なく、経済的かつ補給が容易である。
 これらの携行性・汎用性を重視した設計により、一般の歩兵でもM82を携行することで簡単に長距離・対物戦闘能力を持つことが可能となり、先進国の戦場での優位性をより確固なものとし、近代戦における「対物ライフル」というジャンル、及びその運用概念の先駆けとなった。
 この功績から、M82は2005年には米軍の選ぶ「アメリカ歴史上最も偉大な10の(兵器に関する)発明」の1つに選出されている。

しばしば「人体に対しては威力が過剰に高く、ハーグ陸戦条約に抵触するため自粛が求められている」武器とも言われるが、実際はNATO各国軍の主要重機関銃であるM2と威力は同等であり、条約に違反するものではない。ただし炸裂・焼夷能力のあるRaufossMk211弾に関しては自粛が求められているが、お構いなしに対人火器として使用されているのが現状である。
バレット M82 / Barrett M82 【対物自動小銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

193
194
196
197
191
195
198


動画

 Barrett M82
  

 M82バレットスタンディング&連射に挑戦!!
  

 バレットM82 対物スナイパーライフル(12.7mm弾)
  


関連

エアガン