FA-MAS


160
 
FA-MAS(Fusil d' Assaut de la Manufacture d' Armes de Saint-Étienne:ファマス、ファーマス)は、フランスのGIAT(現・NEXTER)傘下のサン=テチエンヌ造兵廠が製造したブルパップ方式のアサルトライフルである。
文書によっては-を省略してFAMASと書かれる場合もある。

FA-MASは、全長75.7cm、重量3.7kg、口径5.56mmのブルパップ型ライフルで、上部にはM16のような照準器を兼用する大型キャリングハンドルがあり、二脚を標準装備している。初期型のF1や後継のG1では専用の25発弾倉を使用するが、1994年から製造されているG2バージョンからはSTANAG マガジンが使用できる。
フランス陸軍が1977年7月に旧式化したMAS 49半自動小銃MAT 49の後継として制式採用した。 採用から30年が経過しているが、現在も配備が継続されている。価格は、F1が1,500€、G2が3,000€。 

バリエーション
F1
スタンダードモデル。
F1 スナイパー
キャリングハンドルをAUGタイプの通常より一回り小さいマウントレールに変更したモデル。
G1
F1にハンドガードがついたモデル。
G2
G1をSTANAG マガジンが使用できるようにしたモデル。
G2 コマンド
カービンモデル。
G2 SMG
G2 コマンドにバーティカルグリップを付けたモデル。二脚も外されている。
G2 ピカティニーレール
F1 スナイパーをSTANAG マガジンが使用できるようにしたモデル。
G2 スナイパー
F1 スナイパーの銃身延長モデル。
民生品としてフルオート、3点バーストを排除したものがフランス国内で300丁、北米用が300丁の計600丁のみ販売されていた。3点バーストの切り替えスイッチ自体は存在するが、機能しない。 
FA-MAS wikipedia 

目次
1.ネクスター
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



ネクスター

161
 http://www.nexter-group.fr/ 

 
ネクスター(Nexter)は、フランスの企業グループ。傘下の各社を通じて車両、火砲などの部門で活動する軍需産業グループであり、事実上国有企業となっている。

フランスの造兵廠は、サン=テティエンヌで1764年に開設されたサン=テティエンヌ造兵廠(英語版)を皮切りに、チュール(1777年)、トゥールーズ(1792年)、レンヌ(1793年)、ブールジュ(1866年)、ピュトー(1866年)、タルブ(1870年)、ロアンヌ(1918年)、ル・マン(1927年)、サルブリ(英語版)(1933年)、イシー=レ=ムリノー(1936年)に設立された。
これらを1945年に、 DEFA(Direction des Etudes et Fabrications d'Armements)として統合したのが始まりである。1965年にはDMA(Direction Ministérielle des Armements)を統合してDTAT(Direction Technique des Armements Terrestres)に改称、1971年には国防省が有する他の軍需産業と合併して、GIAT(Groupement Industriel des Armements Terrestres)が誕生した。
1990年に国有企業化され、翌年にはFNハースタルを傘下に収めた。2006年12月1日、GIATはグループの中核企業としてネクスターを設立した。
ネクスター wikipedia 

特徴

本銃は排莢口のカバーを左右付け替えることで、排莢方向を左右スイッチ出来る。一般に排莢口はレシーバー右側面に配されるため、ブルパップ式レイアウトの場合、左利きの射手が構えると、後方に流れた薬莢が射手の顔にヒットするか、頬で排莢口をふさぐ形になってしまうからだ。さすがに臨機応変とはいかないものの、ボルトの組替えの必要なオーストリアのAUGや(そもそも排莢方向のスイッチ自体不可能な)イギリスのSA80に比べると優れた設計である。
 ブルパップ式の他にも数多くの実験的な試みが取り入れられており、バイポッドの標準装備、3バースト機構のユニット化、そしてレバー・ディレイド・ブローバックと呼ばれる独特のブローバック方式の採用で900発/分を超える高速な連射速度と低反動を実現している。
 発砲の切り替え機構にも一工夫ある。セレクターレバーがトリガーガード内、トリガー前方に位置し、手をグリップから離すことなく人差し指で安全位置からセミ/フルへの切り替えが可能となっている。
 また、レシーバー下部の3バーストユニットに、先述のメインセレクターとは別にもうひとつセレクターレバーが設けられている。このレバーを操作することで、メインセレクターを「フル」位置にした際、3バーストかフルオートいずれかに使い分けることが可能である。
GIAT ファマス / GIAT FAMAS 【突撃銃】 MEDIAGUN DATABASE 

162

1977年にフランス陸軍が採用した。
F1はアメリカのM193にあわせた設計の為、高圧カートリッジであるSS109を使用すると精度が維持できない、薬莢が千切れるなどの問題を起こしてしまう。
そのため、専用の鉄製薬莢の減装弾を使用することで問題を回避している。
銃身のツイストを変更するなどでSS109に対応したG2で解決済みといわれているが、置き換えるに至っておらず、いまだF1が現役となっている。
最近更新時期が近いためそろそろ退役・交代すると噂されており、SCAR-LやF90が後継として注目されている。

次世代に向けてのイメチェン

次世代の歩兵戦闘装備計画'''Félin'''が持ち上がると、FA-MASの姿が大きく変化し、 パッと見ただけでは「これ本当にFA-MASか?」と感じられる。
まず後述するFA-MAS G2をベースにフォアグリップが付き、照準器とキャリングハンドルが取り払われた。 そしてさらに専用のマウントを介して光学照準器が取り付けられ、FA-MAS Felinとなった。
FA-MAS ピクシブ百科事典 

フランス人のFA-MASに対する評価

フランスでは1977年から正式採用され、1979年から本格的な供給が開始された。
現在でもフランス軍部隊の多くはFA-MAS系列を扱い、戦闘に臨んでいる。

だが、航空自衛隊出身の元傭兵である高部正樹氏はコンバットマガジン2001年7月号の特集内で衝撃的な情報を語った。
なんとフランス人傭兵の多くが「実戦では使えない」と酷評したらしいのである。
なお、高部氏本人はFA-MASを使った事が無いそうなので自身は評価出来ないとしているが、あの自分大好きで有名なフランス人達が発した言葉だけに驚きを隠せなかった事が、文面から滲み出ている。
ちなみに特集内の挿絵では、フランス料理を貶した傭兵見習いマッスルに対して、フランス系中国娘のノリン子が銃剣付きFA-MAS F1を6挺も投げつけていた。そんなにあるなら一挺くらい俺にくれ!

しかしながら、(高部氏には失礼だが)我々はこの情報を鵜呑みにしてはならない。
何故ならば、あくまでフランス人の極一部の評価に過ぎない場合も考えられるからだ。
評価は十人十色…そうだろ?兄弟。
FA-MAS ニコニコ大百科



画像

152
153
154
155
156
157
158
159
 

動画

Famas 5,56 à 50m
  

 アメリカ海兵隊が フランスの FA-MASを撃ってみた
  


関連(ブルパップ方式)

エアガン