ステアーTMP


136
 
ステアー TMP(Steyr TMP)は、オーストリア・シュタイヤー社の開発したマシンピストルである。

TMPとは"Tactical Machine Pistol"の略であり、H&K MP5(MP5K)の対抗馬として、より安価で洗練されたモデルを目指して開発された。MP5Kの65%という低価格を実現し、さらに樹脂部品の大幅な採用や機構の水平配置といった工夫により、MP5Kより小型・軽量となっている。
弾倉は自動拳銃同様にグリップ内に収納するUZIの様な配置となっているため、残弾の減少による重心変化が少ない。安全装置兼セレクターはボタン式で、途中まで押し込んでセミオート、一杯まで押し込んでフルオートとなる。また、周辺機器を必要に応じて取り付けることを前提とした設計になっており、消音器や銃床、ダットサイトなどを組み合わせることが容易な設計となっている。
バリエーションとして、民間向けにフルオートとバーティカル・フォアグリップを削除し、拳銃扱いとしたSPP(Special Purpose Pistol)がある。

MP9

TMPの発売が開始された1994年にはシェアの大半はすでにMP5(1966年発売)が占めており、これを奪うことにも失敗した。シュタイヤーは2001年にTMPの生産を停止、SPPと共にスイスのブリュッガー&トーメ(B&T)社に全権利を売却した。
B&TはTMPを独自に改良し、MP9として販売を開始した。MP9には、TMPには装備されなかったフォールディングストックや、ピカティニー・レールなどが追加されている。また、安全装置はセレクターではなく、グロック17に見られるようなトリガーセフティに改められた。
SPPにもMP9と同様にB&T社独自の改良が施され、ストック、ピカティニー・レールなどが追加されたTP9として販売されている。TP9はセミオートのみであったSPPと異なり、民間向けのフルオートなし、公的機関向けのフルオートありの2種類が存在する。
ステアーTMP wikipedia 

目次
1.シュタイヤー・マンリヒャー
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



シュタイヤー・マンリヒャー

103
https://www.steyr-mannlicher.com/ 

 
シュタイヤー・マンリヒャー(Steyr Mannlicher GmbH & KG)はオーストリア(オーストリー)の銃器メーカーである。

ヨーゼフ・ヴェアンドルが1864年に設立した銃器工場を元として、後の1926年にシュタイヤー・ヴェアク(Steyr-Werke AG)、1934年にシュタイア・ダイムラー・プフ社(Steyr-Daimler-Puch AG)となるグループの武器開発生産部門で、グロック社と並ぶオーストリアの代表的銃器メーカーである。
1889年に創立者のヨーゼフ・ヴェアンドル亡き後、会社はフェルディナンド・リッター率いるシステム=マンリヒャー社により合併され、シュタイヤー・マンリヒャー社が誕生する。
1977年に同社の主力製品となるブルパップ・アサルトライフル「AUG」が完成し、同年オーストリア軍に「STG77」の名称で制式採用された。AUGはその性能の高さからオーストリアだけではなくオーストラリアやニュージーランドでも使用されることになった。
また競技銃の分野でも優れた製品を生産し、特にエアピストルでは内外で高い評価を得ている。
シュタイヤー社は現在、拳銃から軍用ライフルまでを製造する総合銃器産業として世界規模で商業展開を行なっている。
シュタイヤー・マンリヒャー wikipedia 

特徴
 
サブマシンガンの最高傑作とされているMP5より優れている点を列記すると以下のとおり。
 ・同ジャンルであるMP5Kより約35%安価
 ・小型かつ軽量
 ・MP5のローラーロッキング(半閉鎖式)に比べ、TMPのフルロッキング(完全閉鎖式)の方が理論上弾速が上がり低反動
 ・水平配置メカによる銃身とグリップの上下差の減少で反動が軽減
 ・トリガーガード前部にある弾倉より、TMPタイプの方が、フルオート時の装弾数の減少に伴う重心の移動が少ない
 ・外装全面の合成樹脂により、寒冷地での手の張り付き、炎天下での火傷の可能性が少ない
 ・水深2m位なら確実に作動可能

 しかし、1994年のAWBや1996年のワッセナー協定発効以後、兵器の輸出が厳しくなり販売数を減らすこととなる。90年代末からはサブマシンガンの低威力さが指摘されるようになり、さらにはPDWなどの対抗馬も現れるようになるなど完全に出遅れたとしか言えなかった。後発だけあって優れた特徴も多いTMP/SPPだったが、既に市場を寡占していたMP5の牙城を崩すことはできなかった。
 2001年についに生産が終了したが、ステアー社は権利の一切合切をスイスのBrügger&Thomet(ブルガー&トーメ)社に売却。B&T社はTMPを元にMP9短機関銃を開発、現在も生産を継続している。
 MP9は基本的な構造はTMPから引き継ぎながら、グロックタイプのトリガーセフティやマウントレールの追加、ショルダーストックの形状変更(TMP時代は着脱式だった物を、サイドスイング式に)、各部の耐久性の向上などの改良が加えられ、より扱いやすいモデルになっている。
 フォアグリップの代わりにアンダーマウントレールを配したモデルは、TP9の名で生産されており、セレクティブファイアのものはTP9SFとなっている。

   また、2003年開催のセキュリティーショー、ミリポル・パリでは、MP7で使われる4.6mm弾を使用する『MP46』という試作モデルが披露された。MP7と同じく、ややカーブのついたマガジンを持つのが特徴だが、2008年現在もまだ量産には至っていない模様である。
ステアー TMP / Steyr TMP 【短機関銃】 MEDIAGUN DATABASE  

143

基本的に銃床は付属していないが、張った状態のスリングをストックのように使うスリング・ストック(負い紐銃床)を考えた設計となっており、スリングスイベルの位置が側面ではなく後部になっている。
後部のスリングスイベルとグリップ下部の二点で固定される樹脂製固定式ストックには左右にスリングスイベルの装着が可能であり、スペーサーによってバットプレートの厚みを調整できるようになっている。
(後のMP9はサイドスイングタイプのフォールディングストックや固定式ストックを持つ)
また、バレルのように見えるものはマズルカバーとなっている、閉鎖方式がロータリーバレル式、機関部のレイアウトが一般的な構造に対して横向きになっている等の少し珍しい構造をしている。
当初マガジンはAUG同様に半透明樹脂を使用する予定だったのか、マガジン外部に装填数を示す数字が刻印されていたが量産品では不透明の樹脂で成形されており、刻印が意味を成していなかった。
その後、MP9として販売される際に半透明樹脂へ変更され、ようやく外部の刻印が意味を成すようになった。
TMP  ピクシブ百科事典 


画像

138
135
137
139
140
141
142
 
SPP
41



動画
 
 Steyr TMP/Tactical Machine Pistol- 9MM
  

Steyr TMP with suppressor
  


関連

エアガン