89式5.56mm小銃


105
 
89式5.56mm小銃(はちきゅうしき5.56ミリしょうじゅう・英:Howa Type 89 Assault Rifle)は、自衛隊が制式化した自動小銃である。1990年代以降、陸上自衛隊の主力小銃となっている。

89式5.56mm小銃は、64式7.62mm小銃の後継として開発され、1989年に自衛隊で制式化された。アサルトライフルに相当し、自衛隊と海上保安庁、警察の特殊部隊(SAT)において制式採用されている。開発製造は豊和工業が担当し、1丁あたりの納入単価は20万円台後半-34万円(調達数によって変動)。武器輸出三原則により納入先が自衛隊など日本政府機関のみに制限されているため生産数が伸びず、量産効果によって価格が下がらないため、現役の主力小銃としてやや高価な部類に入る。

使用する弾薬および弾倉は、西側の共通規格である5.56x45mm NATO弾とSTANAG 4179に準じている。そのため、必要があれば在日米軍などの同盟軍とそれらを共用できる。また、5.56mm機関銃MINIMIとも弾薬互換性を持つ。さらには、特別な器具無しで06式小銃てき弾を装着可能であり、全ての89式で火力支援と限定的な対戦車戦闘が行える。

形状は、日本人の平均的な体格に適した設計がなされている。銃身長420mmというカービン(短縮小銃)に近い長さでありながら、大型の消炎制退器の銃口制退機能によって高い制動性を有する。また、取り外し可能な二脚を有し、展開し接地することで安定した射撃ができる。銃床は固定式だけでなく、コンパクトに折りたためる折曲銃床式が空挺隊員や車両搭乗隊員向けに配備されている。
材質・製造方法は、大量生産が容易なように選択されている。銃床、銃把、被筒には軽量かつ量産性に優れた強化プラスチックを採用し、金属部分はプレス加工を多用している。さらに、銃を構成する部品数が64式から大幅に減り、生産性や整備性が向上している。

冷戦末期に設計された本銃であるが、海外派遣やゲリコマ対策など新たな課題に向けて、各部の改修・改良が実施されている。進捗は部隊によって異なるが、左側切換レバー設置や光学式照準器の装着などが進められている。さらには本銃を試作原型とした「先進軽量化小銃」が開発中である。

広報向けの一般公募愛称は「バディー」であるが、部隊内では単に「ハチキュウ」と称される。

1989年に配備が始まって十数年が経過しているが、いまだ50%程度の配備率となっている。
89式5.56mm小銃 wikipedia 

目次
1.豊和工業
2.特徴
3.画像
4.動画


豊和工業

113
 
豊和工業株式会社(ほうわこうぎょう、英: Howa Machinery, Ltd.)は、愛知県清須市に本社を置く機械メーカー。東証一部上場。工作機械、油圧機器、特殊車両や銃器などを製造。自動小銃や迫撃砲をはじめとする自衛隊の装備も製造している。
豊和工業 wikipedia 

特徴

 
114

64式小銃は所謂"当たり"のものであれば、出来も良く狙撃銃としても使えるなど評価が高かったが、部品が脱落しやすい(少ない予算のせいで消耗部品の交換すらままならないため)ためガムテープが必需品だったり (これは自衛隊の銃器管理が徹底しているせいでもあるが)、内部構造が複雑で作動不良が多く、またその重量がネックとなって取り回しづらいという点もあった。

こういった点を踏まえて、89式小銃では80年代にほぼ西側諸国の標準となったNATO規格5.56mm弾を用いる一方、部品構成を減らすプレス部品や強化プラスチックなどを用いて軽量化(M16と同等の重量)などを盛り込んだ小銃として開発されている。

特徴は64式小銃からおなじみの、アタレ3のセレクター。つまり、ア(安全装置)、タ(単射…セミオート)、レ(連射…フルオート)、3(3ショットバースト…3連射)と刻印されたセレクター装置。実際は、ア→レ→3→タとレバーをまわしてセットする。

諸外国に配備された小銃では通常、グリップから手を離さずに(親指だけで)操作できるよう左にセットされているが、自衛隊では右側にセットされている。
これは匍匐前進などで誤ってセレクターが動かないようするためで、セレクターをセットする度に一度握把から手を離してセットするなりする必要がある。あまり実戦を考慮にいれていないと指摘される点でもある。(「誤ってセレクターが動かない」ことをアピールしなくてはいけないという政治的な事情もある。また右側にセレクターがある銃は日本のライフル以外にも存在し、右側のセレクターを握把から手を離さずセットすることも可能であるためこの指摘は誤りという意見もあるにはある。)ただしこの点については後述のように改良が進んでいる。
89式小銃 ニコニコ大百科(仮) 

使用弾を64式小銃の7.62mm×51減装弾から、日本独自の「89式実包」と呼ばれる、現在のNATO標準であるSS109と同等レベルの弾薬へと変更。弾倉もM16の物が共用可能で、元となったAR18の主要部品の流用も可能である。弾倉は20連と30連のものが用意されており、普通科など戦闘職種では30連弾倉が用いられ、後方職種のほか空挺など、コンパクトさが要求される部隊には20連弾倉が支給されている。
 左右非対称のストックやグリップは特殊な強化樹脂で形成され、ロアレシーバーのヒンジピンに強度的な問題があるものの、64式小銃に比べて1kg近い軽量化を実現している。部品点数は標準的な突撃銃としてはやや多いが、64式と比べて約10%減少し、問題だった整備性が向上した。また、銃口部のフラッシュハイダーはやや特異な形状となっているが、優れた消炎効果を発揮するといわれる。

 発射形式は突撃銃には珍しいセミ、フル、3点バーストの三種類。セレクターレバーの表示は、64式小銃から受け継いだ「ア/タ/レ(安全/単発/連射)」に「3」を追加したものとなっている。セレクターシステムはユニット式になっており、取り外すことでセミオートもしくはフルオートのみとすることも可能だ。
 このセレクターレバーは匍匐前進の際に誤って解除されないよう右側についており、操作する際はグリップから一旦離した右手でレバーを保持するよう指導・訓練される。グリップを握ったまま親指で手早くセレクターを操作できるライフルに慣れている国からは奇異の目で見られている。ただし、当の自衛隊員たちは前述の手順で習熟してしまうため、とくに不便とは感じていないようだ。なおイラク派遣においては左側にもセレクターレバーが追加されていた。この機構は帰国すると元に戻されたといわれるが、隊員からの要望により、2007年度から左セレクターレバーの標準化が決定し、順次装備が施されている。
豊和工業 89式5.56mm小銃 【突撃銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

104
106
107
108
109
111
112
 

動画

 [軍事]陸上自衛隊 89式5.56mm小銃 射撃動画集
  

 日米共同演習「Forest Light 2013」至近距離射撃編
  

 【迷銃番外編】ガンズ・メイドイン・ジャパン 89式5.56mm小銃
  


関連

エアガン