UZI(ウージー):


77

ウージーまたはウジ(ヘブライ語:עוזי英語:UZIまたはUzi)は、イスラエルのIMI社(現 IWI社)製の短機関銃。戦後第一世代を代表する短機関銃である。 イスラエル初の国産兵器として陸軍技術少佐のウジエル・ガル(Uziel Gal:ウジール・ガルとも)が1951年に開発させ、同年に製造開始した。1956年の第二次中東戦争で活躍した。

 第二次世界大戦後、パレスチナに建国したイスラエルは、敵対するアラブ諸国からキブツを防衛するため、簡単な訓練で使用できる銃火器を必要とした。しかし、当時のイスラエルは工業基盤が貧弱で、高い技術力を必要とするような火器の製造はできなかった。そのため、比較的構造の単純な短機関銃を開発することにし、イスラエル陸軍兵器研究所のウジエル・ガルとそのスタッフ達が設計開発を担当した。ガルが設計の際に参考にしたのは、チェコスロバキアで試作された短機関銃ZK476、もしくはVz23シリーズであるとされる。

貧弱な工業基盤で容易に生産できるように部品点数を極力少なくし、プレス加工を多用した単純な設計となっている。操作性は良く、独特のL型構造ボルトにより3,800gと重い重量をもつが、その分、フルオート射撃の制御も容易であり、総合的な性能は優れている。

こうして完成したUZIはイスラエル国防軍に採用されたのみならず、その優れた性能と生産性の高さから旧西側諸国で高く評価され、西側で多用される短機関銃の一つとなった。例えば旧西ドイツのドイツ連邦軍に採用され、コッキングハンドルの大型化・ダストカバーの追加を行った改良型のMP2がライセンス生産された。アメリカ法執行機関でも採用され、シークレット・サービスでは要人警護用に使用され、レーガン大統領暗殺未遂事件の際にはエージェントがブリーフケースの中に隠し持っていた。その他、オランダ、ベルギー、デンマークなどのNATO諸国の多くの軍隊で採用され、ベルギーのFNハースタル社ではライセンス生産された。また、スペイン、クロアチア、中国などの国ではコピー生産された。UZI自体は世界90ヶ国以上に輸出されたとされ、派生型やライセンス・コピー製品を含めればおよそ1,000万挺以上が製造されたと見積もられる。

現在、イスラエルやヨーロッパ諸国の国軍・警察機関などにおいては、同じ9mm口径だがクローズドボルトで命中精度の高いH&K MP5にほぼ取って代わられた。ただしUZI自体は現在でも優れた性能と信頼性を誇っており、また、MP5は調達コストが高いため、現在でも中小国での運用は続いている。
UZI (SMG) wikipedia 

目次
1.設計者
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



設計者

85



ウジエル・"ウージー"・ガル(Uziel "Uzi" Gal, 1923年12月15日 - 2002年9月7日) は、イスラエルの軍人、銃器設計者。ドイツ系ユダヤ人。ウージー短機関銃の設計者として知られる。ドイツ語の出生名はゴットハルト・グラス(Gotthard Glas)。

 ヴァイマル共和国時代のドイツ・ヴァイマルに生まれる。1933年、国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP, ナチ党)が権力を掌握すると、まもなくしてグラスは英国へと逃亡した。1936年にはイギリス委任統治領パレスチナのヤグル・キブツ(Kibbutz Yagur)に移住し、ウジエル・ガルと改名した。1943年、銃器の密輸を企てた罪で逮捕され懲役6年を言い渡される。しかしその後、特赦により懲役3年に減刑され、1946年に釈放された。

イスラエル建国後まもなくして第一次中東戦争が勃発すると、ガルは新型短機関銃の設計に着手した。完成した短機関銃は1951年にイスラエル国防軍が制式採用し、ガルの名からウージー(Uzi)の名で呼ばれるようになった。ただし、ガル自身は自分の名前をつける事に最後まで反対したという。1955年、ガルはウージー短機関銃開発の功績から参謀総長殊勲徽章(Tzalash HaRamatkal)を受章する。1958年には国防相ダヴィド・ベン=グリオンによりイスラエル防衛賞(Israel Security Award)が送られた。

1975年にイスラエル国防軍を退役し、翌年にはアメリカ合衆国・フィラデルフィアへ移住した。当時、彼の娘タマル(Tamar)は脳に深刻な障害を抱えており、アメリカでなら十分な治療を実現できるものと考えたのである。

1980年代初頭、ガルはスタームルガー MP9短機関銃の設計に関与した。
ガルは2002年に癌で死去するまで、銃器技術者としての仕事を続けていた。死後、彼の遺体はイスラエルに移送され、ヤグル・キブツにて埋葬された。
ウジエル・ガル wikipedia 


特徴
 
1953年から製造が開始された。1956年の第二次中東戦争で活躍している。
使用する弾薬は基本的に9ミリパラベラム弾だが、.45ACP弾を使用するモデルも存在する。
装填可能な弾薬数は20・25・32・50発。

グリップ内部に箱弾倉を装填する形式で、動作形式は反動利用。
第二次大戦後の軍用サブマシンガンとしてオーソドックスな設計である。
全長は47センチと小型だが、重量が4kgもあるため射撃中のぶれが起きにくい。
また、小型化したミニUZI、さらに小型化したマイクロUZIなどのバリエーションがあり、要人警護等に用いられていた。
UZI ニコニコ大百科(仮) 


画像

82
78
81
83
80
84
 


動画

Full Auto UZI 9mm :Vector Arms HR4332 SBR submachinegun
  

実弾射撃 UZI ウージー SMG (UZI 9x19mm Full Auto Shooting)
  


関連


エアガン