Vz 61:


35 

Vz 61別名「スコーピオン(SCORPION)」は、チェコスロバキアのチェスカー・ズブロヨフカ国営会社(チェコ兵器廠国営会社、チェコ語:Česká zbrojovka, n.p.:ČZ、1992年民営化)で開発された短機関銃である。
 Vz 61とは、チェコ語で Vzor 61 (61年式)の略で、正式名称はSamopal vzor 61(61年式短機関銃)と言う。チェコスロバキア軍にて1961年に制式採用された事に由来する。

冷戦時代最中に戦車兵、軍用トラック操縦士、通信兵などの自衛・護身用制式サブマシンガンとしてČZ社がCz-447の後任で開発した。 本銃の最も特筆すべきところは、その「小ささ」である。全長は27cmと、6-7インチクラスの.45口径拳銃の全長ほどの大きさしかなく、サブマシンガンとしては最も小型の部類に入り、専用の旅行用洗面用具入れ風のポーチに収まってしまうほどである。むしろ、そのサイズとメカニズムから「マシンピストル」と呼ばれる銃に近いとも言える。「スコーピオン」の愛称は、本銃が、付属のストック(銃床)を折り畳む際、前方に回転して畳み込むため、その容姿が蠍のそれに似ているとして名づけられたものである。
Vz 61 wikipedia

目次
1.チェスカー・ゾブロヨフカ国有会社
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連


チェスカー・ゾブロヨフカ国有会社

40
 
 Ceska zbrojovka a.s. 

チェスカー・ゾブロヨフカ(ズブロヨフカとも)とはチェコ語で「チェコ造兵廠」を意味し、社会主義時代のチェコスロバキア共和国で小火器を含む工業生産に関わっていた国営企業群、または前述のチェスカー・ゾブロヨフカ傘下のメーカーのうち、チェコ共和国独立後に株式会社化された「チェスカー・ゾブロヨフカ・ウヘルスキー・ブロト(以下CZUB)」を指す名称。

本項では、この二者のそれぞれについて解説する。こちらの「チェスカー・ゾブロヨフカ(以下CZ)」とはそもそも単一の企業の名称ではなく、チェコスロバキア共和国の共産主義思想の影響を受けて兵器開発・生産を行っていた複数の企業の総称である。  分かりやすく例えるなら、「CZ」とはチェコスロバキアが所有する国営企業の兵器すべてに与えられるブランドと考えるといいだろう。
チェスカー・ゾブロヨフカ MEDIAGUN DATABASE  

特徴
 
.32ACP弾の他にイングラムM11などで使用される.380ACP(9mm×17)弾モデルのVz.64や東側でポピュラーな9mmマカロフ弾モデルのVz.82、現在は拳銃弾の基本で西側でポピュラーな9mmルガー弾モデルのVz.68が存在する。

その使い勝手の良さからか、ソ連のKGBや特殊部隊の他に、テロリストや工作員にも幅広く使用されている。 しかし使用弾が.32ACP弾(7.62mm×17)(ワルサーPPKブローニングM1900で使われている。)と威力が9mmより弱い弾の為最近では特殊部隊でも使用することはほとんどなくなってしまった。

また後継者として現在、チェコのCZUBからスコーピオンEVO3という9mmルガー弾を使用するサブマシンガンが発売されている。
Vz61 ピクシブ百科事典 

スコーピオンEVO3
41

ČZ社は、その銃器開発に実績があり、本銃も小型サブマシンガンゆえのアイデア満載の銃になっている。先に述べたストックの折り畳み方もその一例である。他に、このストックを折り畳む際、フロントサイトカバーをストック固定具と兼用する機能や、マガジンの固定が他の銃に例を見ないほど堅固であり、そのおかげでマガジン自体がフォアグリップ(前部固定補助グリップ)の役目を果たすようになっていること、さらには小型サブマシンガンながら安全装置を兼ねたレバーによってボルトの後退速度を調整し、その発射速度を変更できるという驚異的なメカニズムを持つことが挙げられる。
Vz 61 Weblio 


画像

34
36
37
38
39
 

動画

 
Vz61 Scorpion


Czech Škorpion vz. 61 (Full Auto)


Real Dueling vz 61 Skorpion Pistols
 


関連
 
MZ・GBB・スコーピオンVZ.61(G) Yep_100

MZ・GBB・スコーピオンVZ.61(G) Yep_100
価格:13,349円(税込、送料別)