AK-47:


1


AK-47(エー・ケー・よんなな露: Автомат Калашникова образца 1947 года、ラテン文字転写:Avtomat Kalashnikova-47、「1947年式カラシニコフ自動小銃」の意)は、1949年にソビエト連邦軍が制式採用した歩兵用アサルトライフルである。自動小銃の中では極めて信頼性と耐久性が高い。水に浸かったり、兵士が足で踏んで歪んだ銃弾をセットした場合でも問題なく使用できる程である。部品の公差が大きく取られており、多少加工精度が悪くても実戦で使用できる品質のものが製造できてしまうため、発展途上国においてはコピー品が多数出回っている。

制式名称は「7.62mm アブトマット・カラシニコバ」であり、「AK-47」の呼称は、後にいくつもの改良型が登場したため、それらと区別するためであった。

第二次世界大戦終結後、ドイツから抑留されたStG44の開発者であるヒューゴ・シュマイザーの技術的助言の下、ミハイル・カラシニコフが設計した。

AK-47の、教育を受けていない者でもわずか数時間-数日の教習で扱えるよう設計されている点は、ほかの小銃にない特徴であり、世界中で殺人に使われ、また、人々を不具にするために使われてしまっており、紛争の長期化をもたらし、貧しい人々をさらに貧しくする、といった様々な悪影響を世界中にもたらしている。毎年、何千人もの人々がこのAK-47によって殺害されている。AK-47の製造・売買・使用に関する国際的な規制がほとんどないため、このような事態を招いている、と報告書AK-47:The World's Favourite Killing Machine(「AK-47:世界最強の殺人機器」)は指摘している。同報告書によると、現在、世界には推計1億丁ほどのAK-47とそのバリエーションが存在する。AK-47は、少なくとも82ヶ国の兵器庫で発見されており、少なめに見積もっても14ヶ国で製造される状態になってしまっており、さらに(今まで北米・南米では製造されていなかったのに)最近、南米のベネズエラまでがAK-47の現地製造工場に関する契約を結んだので、さらに状況が悪化すると見られている。AK-47を規制するための様々な運動が行われている。
AK-47 wikipedia 

目次
1.設計者
2.
3.特徴
4.分解図
5.画像
6.動画
7.登場作品
8.関連

全長88cm 重量4.3kg 射程距離350m 装弾数30発
【図解】カラシニコフ銃 AFPBB News

設計者 ミハイル・カラシニコフ
5

ミハイル・チモフェエヴィチ・カラシニコフ(ロシア語: Михаи́л Тимофе́евич Кала́шников ミハイール・ティマフィェーヴィチ・カラーシュニカフ、1919年11月10日 - 2013年12月23日)は、ロシアの軍人、銃器設計者。史上もっとも大量に製造され拡散しているアサルトライフルである「AK-47」(露: Автомат Калашникова образца 1947 года、1947年式カラシニコフ突撃銃)の設計者であり、第二次大戦後の旧ソ連を代表する銃器デザイナーである。

1919年、西シベリアのアルタイ地方に生まれる。1938年に徴兵、1941年に発生した第二次世界大戦(大祖国戦争)に参加した。当初は、戦車の車長であったが、同年10月、ドイツ軍との戦闘で重傷を負い、後送される。この際、ドイツ軍が部隊の機械化と小火器の自動化で圧倒的な戦闘力を発揮したことに衝撃を受け、銃器設計の途を志した。本人は後年「もし戦争がなかったら、農業労働を楽にする機械を作っていただろう。ドイツ人が私を銃器設計者の道に進ませた」と語っている。 病院で療養中に、処女作となるサブマシンガンを設計する(カラシニコフ短機関銃(ロシア語版))。この銃自体は軍用として採用されるには至らなかったが、これがきっかけで「TT-1930/33」拳銃(いわゆるトカレフ拳銃)の開発者として知られるソ連造兵界の重鎮フィヨドル・バジレヴィッチ・トカレフに才能を認められ、1943年に当時のソ連最大の兵器工場であるトゥーラ造兵廠に迎えられる。
ミハイル・カラシニコフ wikipedia 

7.62x39mm弾
6

7.62x39mm実包(制式名M43)は第二次世界大戦中、SKSカービン用の弾薬としてソビエトで開発された。開発に当たって世界の様々な実包の影響を受けたと見られ、とりわけ、第二次世界大戦前のドイツのGeCo7.75x39mm弾(試験弾)や第二次世界大戦中にドイツで開発された7.92x33mm弾、通称7.92mmクルツ(クルツとはドイツ語で"短い"という意味)がその原型であるといわれている。

世界で最も有名なライフルの一つと言われているAK-47はこの弾を使用する銃器として戦後すぐに開発された。1970年代までソビエトでは最もスタンダードな銃弾であり、現在においても世界中で軍用から猟用にいたるまで幅広く使用されている。
7.62x39mm弾 wikipedia 

金属の板からAK-47のマガジンが出来上がるまでを追いかけていく動画 Daily News Agency



AK-47の特徴

この頑丈さと信頼性の秘密は、設計段階で部品同士にわずかな隙間を作った事にある。これによって天候の変化による金属の変形が起きたり、泥や砂が入り込んでも動作に支障が起きにくく、多少部品の工作精度が悪くてもそこそこの性能を発揮できるようになっている。 また、極力部品はユニット化されており野外で分解しても部品を失くしにくいよう配慮がなされている。 しかし、部品のかみ合わせに隙間があるということは命中精度が低下するということで同世代の他のライフルに比べて弾がばらつく傾向がある。
【AK-47】 Weblio 

劣悪でめちゃくちゃな環境でもしっかり動作し、構造が単純ゆえにジャムの対処も簡単で、高価になるとはいえ削りだしのレシーバーを採用することで落とそうが踏まれようが容易に変形しない頑丈さはどこへ行っても好かれる存在である。
AK47  ピクシブ百科事典 


ギネス認定
本銃は世界で最も多く使われた軍用銃としてギネスブックにも載っており、また、国際的人権団体「アムネスティ・インターナショナル」では、「世界中で一億人以上の命を奪った大量破壊兵器」としている。 このことに関してカラシニコフ博士は、中国などがライセンスが切れた後も生産を続けていることや、テロリスト御用達の武器として世界中の紛争地帯で「活躍」して評判を落としていることに懸念を表明している。
【AK-47】 Weblio 

分解図
2



AK-47の画像

99
102
101
100

各地で使われるAK-47の派生型

9

10

11



動画

シリア内戦 反政府軍がT72戦車をAK47で攻撃する映像※閲覧注意
 

[軍事]AK-47 射撃中破損の映像集
 

実弾射撃 AK47 アサルトライフル 200m狙撃 (AK-47 Rifle Sniper)
 


登場作品



関連


エアガン